2017年のフェルナンド・アロンソcopyright formula1.com

フェルナンド・アロンソ

  • 最終更新:

フェルナンド・アロンソは、スペイン出身のF1ドライバー。本名フェルナンド・アロンソ・ディアス(Fernando Alonso Diaz)。2005年、当時のF1史上最年少ドライバーズチャンピオン記録を樹立し、翌2006年には皇帝ミハエル・シューマッハーに引退の引導を渡し連覇を達成するという快挙を成し遂げた。

ワールドチャンピオンからは遠のいているが、現役最強ドライバーの呼声高いドライバー。2018年1月30日、TOYOTA GAZOO RacingからWEC世界耐久選手権2018-19シーズンに参戦する事が発表された。

F1での経歴

ミナルディ 2001年

19歳にしてミナルディからF1デビュー。入賞こそなかったが、競争力の劣るミナルディのマシンを駆りながらベネトンやBARと争うなど卓越したパフォーマンスを見せ、注目を集める。ドライバーズランキング23位に終わる。

ルノー 2002-2006年

2002年にルノーのチーム代表でアロンソのマネージャーでもあったフラビオ・ブリアトーレにより、ルノーのテストドライバーとして契約。翌2003年にルノーはジェンソン・バトンとの契約を終了しアロンソはレギュラードライバーの地位を掴む。そして第2戦マレーシアGP予選において、当時の史上最年少記録(21歳236日)でポールポジションを獲得。決勝レースは3位で、これも当時の史上最年少記録(21歳237日)での表彰台獲得を果たした。

マクラーレン 2007年

3年契約でマクラーレンに移籍。チームメイトはこの年F1にデビューしたルイス・ハミルトン。1ポイント差で年間3位となる。ハミルトンとの確執、チーム代表であったロン・デニスとの対立などが原因となり、わずか1年でチームを離脱し、翌年からは古巣ルノーに復帰した。

ルノー 2008-2009年

マシンの競争力不足により、08年は年間5位、09年も9位に留まった。シーズン終盤には「F1で最悪のマシン」と言い放ち、翌年よりフェラーリに移籍。

フェラーリ 2010-2014年

キミ・ライコネンに代わりフェラーリに移籍。初年度はランキング2位、11年は4位、12年は2位、13年も2位、14年は6位と、僅かなところでワールドチャンピオンには届かずフェラーリを去った。

マクラーレン 2015年-

ホンダがF1復帰を果たした15年にマクラーレンへ移籍。他のPUサプライヤーに遅れを取るホンダエンジンの非力さも相まって苦難の時を過ごす。15年のホンダの母国である日本GPでは「GP2(下位カテゴリー)のエンジンか!」とレース中に無線で発言するなど、そのフラストレーションはかなりのものであった。

フェルナンド・アロンソ
©McLarenF1

マクラーレン・ホンダ復帰3年目となる2017年、シーズン前の公式バルセロナテストで新設計のホンダエンジンにトラブルが続出。アロンソは「こんな状態で走るのは危険すぎる。ドライバビリティが酷くてリアのバランスが最悪だ。こんな状態じゃテストなんてできない。本当にクソみたいなエンジンだ。知ってるだろ?最悪のパワーユニットだ」と喚き散らした

これを機に、アロンソ残留を第一優先に掲げたマクラーレンはホンダ外しの画策に。結果、シーズン終了を待たずして両者は決別を発表。行き場のないアロンソはマクラーレンとの契約を更新した。

F1以外の経歴

インディ500参戦

マクラーレン・ホンダ参戦2年目の2017年、世界三大レース全制覇(トリプル・クラウン)を目指し、F1モナコGPを欠場してアンドレッティ・オートスポーツからインディアナポリス500マイルレースへ参戦した。そのため、昨年でF1を退いたジェンソン・バトンが一時復帰、モナコGPでの代役を務めた。

初のオーバルコース挑戦となったが、オーバルに強いアンドレッティ・オートスポーツのマシン性能を遺憾なく発揮し、予選ファスト9で5番グリッドを獲得。決勝2列目からの権利を手にした。レースでは一時ラップリーダーに躍り出るなど印象的な走りを見せたが、残り21周のところでエンジンブローによりリタイア。チームメイトの佐藤琢磨が優勝を果たした。

2017年インディ500決勝結果と動画

WEC・ルマン24時間レース参戦

トヨタ・ガズーレーシングからWEC世界耐久選手権2018-19シーズンに参戦。プロトタイプカー経験のなかったアロンソは、2018年1月に開催された世界三大耐久レースの一つであるデイトナ24時間レースに、マクラーレンCEOのザク・ブラウンが所有するユナイテッド・オートスポーツから参戦。

フィル・ハンソン、ランド・ノリスと共に23号車をドライブし予選では13番手を獲得。だた、肝心の決勝ではブレーキやクラッチトラブルに見舞われ、プロトタイプクラス13位、総合38位という結果に終わった