• 最終更新:

MGU-Kとは、ブレーキング時に発生する運動エネルギーを電気エネルギーへと変換するモーター兼発電機のこと。2014年以降にF1に導入された旧来のエンジンに代わるパワーユニットを構成する5大要素のひとつである。MGU-KのKKineticのKで運動を意味する。”エムジーユー・エイチ”と読む。

熱エネルギーを回生するMGU-Hと、MGU-Kの2つを合わせてERSと呼ぶ。市販車で言うところのハイブリッドの1種である。

MGU-Kの役割

制動時の運動エネルギー回生以外に、MGU-K及びMGU-Hで作られた回生エネルギーを放出させる役割を持つ。MGU-Hがエネルギーを回生するだけであるのとは対照的に、MGU-Kには蓄えたエネルギーでタイヤを駆動させる使命を持つ。そのため、MGU-Kが故障してしまうと、MGU-KだけでなくMGU-Hの回生したエネルギーも使えなくなってしまう

なお、MGU-Kの最大出力は120kW=161馬力(従来の2倍)に制限されているが、MGU-Hには制限がない。

MGU-Kの前身

MGU-Kは2014年のハイブリッドターボ時代になってF1に導入されたと記したが、実は2009年に既に同様の役目を持つデバイスが存在していた。KERS(カーズ)だ。当時は導入は任意であり、重量増とパワー向上との兼ね合いによって初期段階では多くのチームが不採用を選択していた。MGU-Kは任意ではなくレギュレーションによって導入が強制されている。