• 最終更新:

ICEとは、燃料を燃やして動力を得る内燃機関のことであり、一般にはエンジンと呼ばれているものの事を指す。いわゆるパワーユニットを構成する6大要素のひとつである。

2014年に旧来の自然吸気エンジンに代わってF1に導入された1.6リッターV6ハイブリッドターボ=パワーユニットは、ICEとエネルギー回生システムなどから成る総合的エネルギー供給システムであり、これをエンジンと呼称するには実態とかけ離れてしまうため、これ以降エンジン単体を指して「ICE」と呼ぶようになった。

ICEはインターナル・コンバッション・エンジン(internal-combustion engine)の略であり、直訳すると内部燃焼機関となる。

ICEの仕様

ICEはレギュレーションによって、レシプロピストンによる4ストロークのみが認められ、6気筒全てが同じ容量の90度V型であり、かつ、各シリンダーの正常断面形状は真円である事と定められている。

2013年までF1で使われていたV8エンジンは18,000回転/分に制限されていたのに対し、14年以降のICEは15,000回転/分と回転数が抑えられている。また、車体の駆動装置はICEとMGU-Kの各一基に制限される。

排気量
1.6リットル
最大回転数
15,000rpm
バンク角
90度
気筒数
6気筒
最大燃料流量
100kg/時
最小重量
145kg

パワーユニット開発の目玉

もう一つの動力源であるMGU-Kの最大出力が120kWに制限されているため、パワーユニット全体の総出力を向上させるためには、ICEの開発が欠かせない。他のマニュファクチャラーに遅れる形で2015年にハイブリッドターボ時代のF1に参入したホンダは、ライバルキャッチアップのための主軸をICEの改良に定め開発を行ってきた。

2019年現在、各マニュファクチャラーのICE単体での出力は概ね850馬力程度と考えられている。