ウィリアムズFW41に取り付けられたTバーcopyright Williams Grand Prix Engineering Limited

ウィリアムズFW41に備わる革新的エアロパーツ「Tバー」シャークフィンの代替ソリューションか?

  • 最終更新:

’18年シーズン開幕を前にして、マシンへの理解不足のために危うさが漂うウィリアムズF1だが、パディ・ロウの手掛けた2018年マシン「FW41」のエンジンカバーには、実に巧妙なエアロパーツが装着されている。

ファンと関係者から浴びせられた外観への批判を受けて、F1とFIA国際自動車連盟は今年、エンジンカバーをリアウイング直前にまで引き伸ばす「シャークフィン」と呼ばれるエアロパーツを禁止。マシンのワイドアンドロー化と幅広タイヤの導入のために増加した乱流対策として機能していた。

代替のソリューションに多くのチームが頭を抱える中、ウィリアムズの「FW41」にはシャークフィンと似通った効果が期待できると見られる「Tバー」と呼ばれる空力アイデアが実装されており、エンジンカバー上端部分にY字状のパーツが取り付けられている。

ウィリアムズFW41に取り付けられたTバー

Motorsport.tvの特集「The Flying Lap」が説明するところによれば、マシンが滑ると車そのものが邪魔となってリアウイングの両端にエアーが当たらなくなり、より一層滑りやすい状態が生まれてしまうが、Tバーにはこれを回避する機能があるという。

リアウイングをはじめとするエアロパーツ一般は、空気の流れを受けてダウンフォースを発生させ車の設置感を高める。空気の当たらないリアウイングはその機能を失うことになるが、Tバーによってその心配がなくなるという事のようだ。

他のライバルチームがTバーの存在に気づいていないはずもなく、開幕オーストラリアGPではウィリアムズ以外のマシンにも同様のパーツを見つける事ができるかもしれない。