マックス・フェルスタッペンと父ヨス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

マックス・フェルスタッペン、2020年末でレッドブル・ホンダ離脱の可能性も…「最優先事項はマシン性能」

  • 最終更新:

マックス・フェルスタッペンの父ヨスはレッドブル・ホンダに対して、チャンピオンシップ獲得に足るだけのコンペティティブなマシンを提供しなければ、2020年末を以て、息子がチームを離脱する可能性もあると警告した。

パフォーマンス条項が不成立に終わった事で、フェルスタッペンは契約に従って2020年末までレッドブル・ホンダに留まるが、21年以降に向けての契約更新の保証はない。22歳のオランダ人ドライバーは、グリッド上で最も才能あるドライバーの1人とみなされ、次期チャンピオン候補筆頭に数えられており、望みさえすれば移籍は容易い。

フェルスタッペン親子は、キャリア初期から関係を築いてきたミルトンキーンズのチームと共に、初のタイトル獲得を望んでいるものの、その見込みが低いと判断されれば、ライバルチームへの移籍に向けて動く事になる。

「最優先事項は、マックスがF1タイトルを争えるだけの高い競争力を持ったマシンを手に入れることだ」とヨス・フェルスタッペン。Ziggo Sportとのインタビューの中で、レッドブル・ホンダに警告を発した。

「いずれにせよ、来年はレッドブルで出走するが、2021年については全ての可能性が開かれている。我々は2020年シーズンに集中しているが、今後の事も視野に入れている」

移籍候補はメルセデスかフェラーリに絞られる事になるだろう。ヨスは、メルセデスAMGを率いるトト・ウォルフと長年に渡り親しい関係にあり、度々、ルイス・ハミルトンのチームメイト候補に名が上がっている。フェラーリに関しては目立った噂はないものの、シャルル・ルクレールとは幼少の頃からの知り合いだ。

フェルスタッペンはルクレールがチームメイトとなった場合について問われると「これまでもそうだったし、同じチームでも仲良くやれる。お互いに勝利を目指しているけど、相手をリスペクトする気持ちを持っている。衝突する可能性は否定しないけど、メルセデスの二人、ハミルトンとロズベルグのようにはならないさ」と語っている。

ルイス・ハミルトンとニコ・ヒュルケンベルグは、カート時代から共に切磋琢磨し合う親友同士であったものの、最強マシンを手にした事で関係が一変。F1チャンピオンシップを巡ってコース内外で火花を散らし、友人としての関係は今も断絶している。