TOYOTA新型GRスープラ

トヨタ新型「GRスープラ」が世界初公開…フェルナンド・アロンソ、性能の高さを強調

  • 最終更新:

トヨタは1月14日、米国ミシガン州で開催中のデトロイトモーターショーで、新型「GRスープラ(GR Supra)」を世界初披露した。新型スープラはTOYOTA GAZOO Racingが展開する「GR」シリーズから発売される2シーターのピュアスポーツカー。日本での発売は2019年春頃が予定されている。

お披露目の場となったプレスカンファレンスでは、マスターテストドライバーでもある豊田章男社長と、2度のF1ワールドチャンピオンであるフェルナンド・アロンソが直々にドライブする形でスープラが舞台へと登場。トヨタの一員として昨年のル・マン24時間レースを制したアロンソは、富士スピードウェイで新型を試乗。ハンドリングやコーナリング性能の高さを強調した。

TOYOTA新型GRスープラのサイドビュー

今回発表された新型スープラは5代目にあたり、2002年に生産終了してから17年ぶりの復活を遂げる事となった。初代が1978年に誕生して以降、直列6気筒エンジンを積んだFR車であることが同車の伝統。新型では直6と直4の2種類のエンジンが用意され、共に後輪駆動を採用する。

搭載される3.0リッター直列6気筒ツインスクロール・ターボエンジンは、エンジン回転数1600rpmという低回転で最大トルク500N・mを発生。一方の直列4気筒エンジンは、チューニングの異なる2つの2リッターツインスクロールターボが設定され、ハイパフォーマンスを実現した最高出力258馬力と、街中から高速道路まで爽快なドライビングを気軽に味わえる197馬力のものが用意される。

TOYOTA新型GRスープラのリア

スポーツカーにふさわしいハンドリング性能や安定したコーナリング姿勢を実現するため、開発チームは「ホイールベース」「トレッド」「重心高」の3要素を最重要ファクターとし、独ニュルブルクリンクやアウトバーン、北欧の氷雪路や米国のハイウェイ、日本のワインディングロードなど、世界中のあらゆる道を走り過酷な試験走行を繰り返してきた。

優れた回頭性を実現すべく、2シーターに割り切ることで、ホイールベースは86よりも100mm短い2470mmを実現。これによって、ホイールベースとトレッドの比は量産スポーツカーとしてはトップレベルに小さい1.55を達成した。さらに、水平対向エンジンを搭載した86よりも低い重心高を実現することで、コーナリング性能を左右する理想的な前後重量バランス50:50を得ている。

また、アルミニウムと鉄を用いた骨格構造と、異なる素材同士の接合強度を追求。86の約2.5倍、CFRP(炭素繊維強化プラスチック)キャビンを採用したレクサスLFAをも上回るボディ剛性を実現した。

TOYOTA新型GRスープラのインテリア

TOYOTA新型GRスープラのコックピット周り

外観デザインとしては、TOYOTA 2000GTにみられた空気抵抗低減に寄与するダブル・バブルルーフの採用や、ランプを車両内側に寄せることでフェンダーのボリューム感を豊かに見せる2000GTや4代目スープラを特徴づけた手法が取り入れられるなど、トヨタ歴代のスポーツカーの伝統を継承している。

精密な車両コントロールを可能にするするため、フロントにはダブルジョイントスプリングストラット式、リヤにはマルチリンク式を採用。これらはバネ下重量の低減や、高い組み付け剛性、精緻な動きを追求して新設計された。一部グレードにはアダプティブ・バリアブル・サスペンションシステムが搭載され、選択中のドライブモードや路面状況に応じて4輪のショックアブソーバー減衰力を最適に制御することで、走りと乗り心地を高次元で両立する。

旋回性能と安定性を高めるアクティブディファレンシャル・システムは、VSC(車両安定性制御システム)と連携しながら、電子制御多板クラッチによって後輪左右間のロック率を0~100の範囲で無段階に最適制御。コーナー進入時は旋回性能と安定性を高くバランスさせたロック率を選択し、アクセルを踏み込んでコーナーを脱出する際は、ロック率を高め最大限のトラクション性能を発揮する。

豊田章男社長はスープラとの思い出を次のように振り返った。「ニュルブルクリンクでの運転訓練で長い時間を一緒に過ごしたスープラは、自分にとって”特別な旧友”のような存在です。当時、ニュルブルクリンクで他のメーカーが発売前のプロトタイプカーを走らせている中、私たちは、既に生産を終了した古いスープラでしか走ることができず、とても悔しい想いをいたしました」

「スープラ復活を待ち望んでいたのは世界中の多くのファンだけでなく、私も”スープラを復活させたい”という想いを密かに持ち続けていました。新型GRスープラは、ニュルブルクリンクで鍛えられ、生まれたクルマです。走る楽しさ以上の経験を提供できるクルマになったと、自信を持ってお伝えします」

開発を担当したチーフエンジニアの多田哲哉は「走る楽しさを極めたピュアスポーツカーを追求しました。馬力やサーキットのラップタイムのような数値だけを追い求めるのではなく、いかにドライバーが車両と一体となって運転する楽しさを感じられるか、という感性性能を重視しています」と述べた。

新型スープラ(日本仕様)主要諸元

グレード RZ SZ-R SZ
排気量 2.998L 1.998L
エンジン 直列6気筒 直列4気筒
過給 ツインスクロールターボ
ミッション 8速スポーツAT
駆動 FR
乗車定員 2
最高出力
馬力/rpm
340
5,000-6,500
258
5,000-6,500
197
4,500-6,500
最大トルク
N・m/rpm
500
1,600-4,500
400
1,550-4,400
320
1,450-4,200
0-100km/h 4.3秒 5.2秒 6.5秒
車両重量 1,520kg 1,450kg 1,410kg
全長 4,380mm
全幅 1,865mm
全高 1,295mm 1,290mm
タイヤ FR 255/35R19
RR 275/35R19
FR 255/40R18
RR 275/40R18
FR 225/50R17
RR 255/45R17
ホイールベース 2,470mm
FRトレッド 1,594mm 1,609mm
RRトレッド 1,589mm 1,616mm