エディフィスとホンダの特別限定モデル「EQS-800HR-1A」

ファン垂涎の時計…ホンダF1とトロロッソの限定特別モデルがカシオ「EDIFICE」から新登場

  • 最終更新:

EDIFICEとホンダ・レーシングの限定スペシャル・コラボレーションモデル「EQS-800HR-1A」が2018年9月12日、F1グランプリ開催に合わせてシンガポールでお披露目された。本田技研工業株式会社はホンダ・レーシングとして幅広いモータースポーツ活動を行っている。

ホンダ・レーシングは2018年よりスクーデリア・トロロッソにパワーユニットの供給を開始。先進テクノロジーを有したカシオのメタルスポーティクロノグラフ・ブランド「エディフィス」は、2016年より同チームをサポートし続けている。カシオはこの度、ホンダのサポートを得て新しい限定版EDIFICEモデルを開発した。

エディフィスとホンダの特別限定モデル「EQS-800HR-1A」詳細

エディフィスとホンダの特別限定モデル「EQS-800HR-1A」のパッケージング

「EQS-800HR-1A」は、プロレーシングチームの監修のもと、サーキットで役立つ機能が盛り込まれたEDIFICE「EQB-800」をベースとして開発され、カーボンファイバーを材料のホンダ・レーシングをイメージさせる赤と白のカラーを採用。フェイス面とバンドリング、そしてバックカバーにはホンダのロゴが刻まれる。

特別パッケージには、ホンダが1968年のF1世界選手権参戦用に開発したフォーミュラ1カー「ホンダF1 RA301」の50周年を記念したカードが含まれており、時計としてホンダF1のファン垂涎の記念品コレクションに仕上がっている。

また、青と赤を基調としたスクーデリア・トロロッソとのコラボモデル第5弾「ECB-800TR-2A」「EFR-563TR-2A」「ERA-110TR-2A」の3種類が新たに公開された。

スクーデリア・トロロッソ限定モデルECB-800TR-2A、EFR-563TR-2A、ERA-110TR-2A

現時点で、価格・販売開始日が明らかにされているのは、トロロッソモデルの2種。「ECB-800TR-2A」はベゼルにカーボンファイバーを採用し、文字板9時位置にトロロッソのロゴをデザイン。バンドにはレーシングシーンでの使用にも適したデュラソフトバンド(フッ素ラバー)を採用。装着感の良さと耐久性を両立している。価格は5万7,240円(税抜)。楽天Amazonにて予約受け付けが開始となっている。

ECB-800TR-2A詳細

よりシンプルな「EFR-563TR-2A」はメタルバンド・ケースに至るまでブラックIPを施し高い質感を確保。文字板12時位置にはトロロッソのロゴがあしらわれている。価格は3万240円(税抜)。この2モデルに関しては9月14日からの販売が予定されている。

EFR-563TR-2A詳細

「EQS-800HR-1A」主な仕様

  • 太陽光給電
  • 炭素繊維ダイヤル
  • 100m防水
  • 日付表示
  • 本革バンド
  • ネジロックバック
  • ミネラルガラス
  • 100メートルの耐水性
  • ケース/ベゼル材質:ステンレス
  • 本革バンド
  • ストップウォッチ
  • 測定モード:経過時間、スプリット時間、1/2位時間
  • バッテリー残量インジケーター
  • 日付表示
  • アナログ:3針(時、分、秒)、
  • 3つのダイヤル(ストップウォッチ分、ストップウォッチ秒、24時間)
  • 精度:月に±20秒
  • ケースサイズ:50 X 47.5 X 12.7 mm
  • 総重量:103 g

F1シンガポールGP特集