ジェッダ市街地コースのターン22でクラッシュしたフェラーリのシャルル・ルクレール、2021年12月3日F1サウジアラビアGPフリー走行2にて
copyright FORMULA 1

跳馬大破で赤旗終了、フェルスタッペン含むホンダ勢健闘もハミルトン最速連取 / F1サウジアラビアGP《FP2》結果とダイジェスト

  • Published:

2021 F1第21戦サウジアラビアGP金曜2回目のフリー走行が現地12月3日に行われ、FP1に次いでルイス・ハミルトンが1分29秒018のトップタイムを記録。2番手に1000分の61秒差で僚友バルテリ・ボッタスが続き、メルセデスが初日を1-2で締め括った。

3番手はピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)。ボッタスに100分の2秒と迫った。4番手はタイトル争いのライバルから0.195秒遅れでマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が続く結果となった。

夜のジェッダ市街地コースを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月3日F1サウジアラビアGPフリー走行2にてCourtesy Of Red Bull Content Pool

夜のジェッダ市街地コースを走行するレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペン、2021年12月3日F1サウジアラビアGPフリー走行2にて

予選・決勝と同時刻帯のプラクティス2は気温28℃、路面31℃ドライコンディションでスタートした。気温はFP1と大差ないものの日は落ち、路面温度は大幅に低下。ジェッダ市街地コースは人工照明に照らされ闇夜に浮かんだ。

コンディションの変化にも関わらず、メルセデスがソフトタイヤで、レッドブル・ホンダがミディアムとハードで好パフォーマンスを発揮するという傾向に変化はなかった。両陣営は土曜の予選に向け、各々の弱点を改善するための作業に取り組む事になる。

なおフェルスタッペンはFP1に続いて今回も激しく縁石に乗り上げ、メカニックがディフューザーとフロアのダメージを懸念する場面があった。ソフトを履いたRB16Bはフロントが機能せず、コーナーでアウト側に逃げていくシーンが目についた。

ニキータ・マゼピン(ハース)がターン2でハーフスピンを喫し、後続のハミルトンが回避行動を強いられる場面こそあれ、セッションは目立ったインシデントもなく順調に推移していたが、残り5分を切ったところで赤旗が振られ、そのまま再開されずに終了を迎えた。

大きなクラッシュだった。シャルル・ルクレール(フェラーリ)がターン22でリアを失い、そのままアウト側へと流されTecProバリアに激突した。

SF21は右フロントとリアを中心に大きなダメージを負ったが、幸いにもルクレールは自力でクルマから降り、サウジアラビアカラーに塗られたメディカルカー、アストンマーティンDBXに乗り込んだ。

コース上には大量のデブリが飛散した。フェラーリのメカニック達は今夜、眠れぬ夜を過ごす事になりそうだ。カーフュー(深夜作業禁止令)を破っての徹夜作業も考えられる。

チームメイトと同様、角田裕毅もトップ10圏内に名を連ねた。上位10台の中では唯一ハードタイヤで自己ベストを刻み、フェラーリのカルロス・サインツから1000分の8秒遅れの8番手につけた。

セルジオ・ペレスもFP1よりペースを上げて9番手を記録したが、依然としてフェルスタッペンのギャップは0.555秒と大きく開いた。ホンダとしては全4台をトップ9に並べる結果となった。

アルピーヌ勢は揃ってギアを1段階上げた。FP1をハードタイヤで計測した両ドライバーはソフトを履いた。フェルナンド・アロンソは5番手、エステバン・オコンは6番手と、揃って上位につけた。

コースの一部はかなり狭く、何台ものマシンがフライングラップの中断を強いられた。ウォームアップ中に計測ラップに取り組む他車を先行させるためには多くの場合、停止状態に近いレベルにまで速度を落とす必要があるが、それではタイヤに熱が入らない。

現時点では決勝でのオーバーテイクは困難な情勢で、その分だけ予選結果が重要になるものと見られる。特にQ1はトラフィックが大きな鍵を握る事になりそうだ。

サウジアラビアグランプリ3回目のフリー走行は、日本時間12月4日(土)23時から1時間の日程で開催される。

2021年F1第21戦サウジアラビアGPフリー走行2(FP2)リザルト

Pos No Driver Team Time Gap Laps
1 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 1:29.018 22
2 77 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:29.079 +0.061 23
3 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:29.099 +0.081 22
4 33 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:29.213 +0.195 20
5 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 1:29.441 +0.423 21
6 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 1:29.555 +0.537 22
7 55 カルロス・サインツ フェラーリ 1:29.589 +0.571 24
8 22 角田裕毅 アルファタウリ・ホンダ 1:29.597 +0.579 20
9 11 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:29.768 +0.750 22
10 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:29.772 +0.754 23
11 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 1:29.968 +0.950 22
12 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 1:30.004 +0.986 19
13 99 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ・フェラーリ 1:30.110 +1.092 23
14 7 キミ・ライコネン アルファロメオ・フェラーリ 1:30.276 +1.258 24
15 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 1:30.442 +1.424 22
16 5 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン・メルセデス 1:30.502 +1.484 22
17 63 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ・メルセデス 1:30.506 +1.488 24
18 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 1:30.652 +1.634 20
19 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 1:31.039 +2.021 23
20 9 ニキータ・マゼピン ハース・フェラーリ 1:31.629 +2.611 20

コンディション

天気晴れ
気温28℃
路面温度31℃

セッション概要

グランプリ名 F1サウジアラビアGP
セッション種別 フリー走行2
セッション開始日時

サーキット

名称 ジェッダ市街地コース
設立 2021年
全長 6174m
コーナー数 27
周回方向 反時計回り

F1サウジアラビアGP特集