ガレージ前に停まるマクラーレンMCL35、2020年F1バーレーンGP予選にてcopyright Pirelli & C. S.p.A.

2020 F1サクヒールGP︰決勝スターティング・グリッド…2台がパワーユニットを交換、降格が発生

  • Published:

2020年シーズンのF1世界選手権第16戦バサクヒールGPのスターティンググリッドが国際自動車連盟(FIA)より発表された。パワーユニット交換に伴い予選順位とグリッドとの間に相違が発生した。

まずは2日目に向けて、ロマン・グロージャンの代役としてハースVF-20に乗るピエトロ・フィッティパルディが、今季3基目となるCE(コントロール・エレクトロニクス)及びES(バッテリー)の投入を受け、グリッド降格ペナルティが科せられた。

また決勝を前にしては、マクラーレンのランド・ノリスが今季4基目となるICE(内燃エンジン)及びターボチャージャーへと交換。こちらも後方降格が言い渡された。

なお前述のフィッティパルディ、レーシングポイントのランス・ストロールとセルジオ・ペレスの3台がギアボックスを交換しているが、こちらは規約に抵触するものではなく、ペナルティの対象とはならなかった。

2020年 F1サクヒールグランプリ決勝レースは、日本時間12月7日(日)2時10分にスタート。1周3,543mのバーレーン・インターナショナル・サーキットのアウタートラックを87周する事でチャンピオンシップを争う。

F1サクヒールGPスターティンググリッド

Pos No Driver Team Qualifying
1 77 V.ボッタス メルセデス 1(-)
2 63 J.ラッセル メルセデス 2(-)
3 33 M.フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 3(-)
4 16 C.ルクレール フェラーリ 4(-)
5 11 S.ペレス レーシングポイント 5(-)
6 26 D.クビアト アルファタウリ・ホンダ 6(-)
7 3 D.リカルド ルノー 7(-)
8 55 C.サインツ マクラーレン・ルノー 8(-)
9 10 P.ガスリー アルファタウリ・ホンダ 9(-)
10 18 L.ストロール レーシングポイント 10(-)
11 31 E.オコン ルノー 11(-)
12 23 A.アルボン レッドブル・ホンダ 12(-)
13 5 S.ベッテル フェラーリ 13(-)
14 99 A.ジョビナッツィ アルファロメオ 14(-)
15 20 K.マグヌッセン ハース・フェラーリ 16(+1)
16 6 N.ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 17(+1)
17 89 J.エイトケン ウィリアムズ・メルセデス 18(+1)
18 7 K.ライコネン アルファロメオ 19(+1)
20 4 L.ノリス マクラーレン・ルノー 15(-5)
19 51 P.フィッティパルディ ハース・フェラーリ 20(+1)

F1サクヒールGP特集