ストフェル・バンドーンとジェンソン・バトンが駆るマクラーレン・ホンダMP4/4とMP4/6Courtesy Of Honda

リカルドとノリス、史上最強のマクラーレン・ホンダMP4/4を含む3台のアイルトン・セナ車をドライブ

  • Published:

ダニエル・リカルドとランド・ノリスは、2021年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード(FoS)で、赤白のマールボロカラーが印象的なアイルトン・セナを象徴する3台のマクラーレン・ホンダF1マシンをドライブする。

クラシックカーから最新F1マシンまで600台以上の自動車やオートバイが展示されるほか、ヒルクライムレースなどが行われる世界最大級のモータースポーツの祭典FoSは今年、7月8日から11日に英国ウェスト・サセックスのグッドウッドで開催される。

シルバーストンでの第10戦イギリスGPの1週間前という事で、今年はレッドブル・ホンダ、マクラーレン、メルセデス、フェラーリ、ウィリアムズの5チームが参加を決めているが、英国ウォーキングのチームはレギュラードライバー2名をイベントに送り込む。

リカルドとノリスがドライブするのは、全16戦中15勝という史上最強とも言える圧倒的なパフォーマンスを発揮し、アイルトン・セナに初のタイトルをもたらした1988年のマクラーレン・ホンダMP4/4、ダブルタイトル2連覇を果たした1989年のMP4/5、そしてホンダとセナにとって最後の戴冠となった1991年のMP4/6の3台だ。

アイルトン・セナが駆った1988年のマクラーレン・ホンダF1マシン「MP4/4」をドライブするブルーノ・セナ、2005年グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードにてCourtesy Of Honda Motor Co., Ltd

1988年のマクラーレン・ホンダF1マシン「MP4/4」をドライブするブルーノ・セナ

アイルトン・セナが駆った1988年のマクラーレン・ホンダF1マシン「MP4/4」をドライブする佐藤琢磨、ホンダ・レーシング・ファン感謝祭2019にてCourtesy Of Honda Motor Co., Ltd

マクラーレン・ホンダ「MP4/4」をドライブする佐藤琢磨

統計的観点で言えば、マクラーレン・ホンダMP4/4は史上最強のF1マシンと言える。

ホンダのV6に合わせてチーフデザイナーのスティーブ・ニコルズとテクニカルディレクターのゴードン・マレーが手掛けたシャシーはアラン・プロストに7勝、アイルトン・セナに8勝を授け、1988年シーズンの全16戦中15戦でライバル達を下した。その勝率は93.8%に及ぶ。

唯一勝利を飾れなかったイタリアGPではプロストがエンジントラブルに見舞われ、セナが周回遅れのジャン=ルイ・シュレッサーと接触。フェラーリに1勝を奪われる事となった。

1990年のマクラーレンMP4/5Bをドライブするマクラーレン・ホンダのアイルトン・セナCourtesy Of McLaren

マクラーレン・ホンダMP4/5Bをドライブするアイルトン・セナ

ロータス・ホンダ100Tとマクラーレン・ホンダMP4/5、2006年11月24日Honda Racing THANKS DAYにてCourtesy Of Honda Motor Co., Ltd

ロータス・ホンダ100Tとマクラーレン・ホンダMP4/5

アイルトン・セナとゲルハルト・ベルガーがドライブした1991年のマクラーレン・ホンダMP4/6をドライブするストフェル・バンドーン、Honda-Racing THANKS-DAY 2016 特別走行リハーサルにてCourtesy Of Honda Motor Co., Ltd

1991年のマクラーレン・ホンダMP4/6をドライブするストフェル・バンドーン

V12としてはF1史上唯一のチャンピオンエンジンであるホンダRA121Eのサウンドもさる事ながら、ハイテクを駆使したマクラーレンMCL35MからMP4へと乗り換えた時、2人がどのようなドライブを見せてくれるのかにも注目が集まる。

F1イギリスGP特集