黒塗りのR.S.20をドライブするルノーのダニエル・リカルドcopyright RENAULT SPORT

リカルド、敵地レッドブル・リンクへ…旧型ルノーF1マシンで大量周回

  • Published: Updated:

ルノーF1チームは6月16日(火)、ライバルチームのホームであり敵地とも言うべきレッドブル・リンクに黒塗りの2018年型F1マシン「R.S.18」を持ち込み、プライベートテストに臨んだ。

この日ステアリングを握ったダニエル・リカルドは、全長4,326mの旧A1リンクを115周、距離にして約500kmを走破。7月5日の開幕オーストリアGPに向けてドライビング感覚を取り戻すべく、約3ヶ月半ぶりに強烈なGフォースやスピード感を確認した。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策の最新プロトコルに沿った手順を確認するという点で、ドライバーだけでなくチームにとっても実りある一日となったと言える。開幕後のイベントではCOVID-19の検査が徹底されるだけでなく、ソーシャルディスタンスを遵守しながらフェイスマスクやシールドを着用しての作業を強いられる事になる。

ディフェンディング・チャンピオンのメルセデスは既に英国シルバーストーンで2日間のテストを実施。フェラーリやアルファタウリ・ホンダ、レーシングポイントもシーズン開幕前テストを計画している。

しかしながら、レッドブル・リンクでテストを行う事が確認されているのは現時点でルノーのみ。2020年シーズンの開幕2戦は同地で開催されるため、ルノーはライバルに対して少なからずアドバンテージを得る事になる。

レッドブル・レーシングのモータースポーツ・アドバイザーを務めるヘルムート・マルコは、仲違いして別れたかつてのPUサプライヤーが自らの庭でテストを行うのが気に食わないようで、Speedweekに対して「気前の良い贈り物だ」と語っている。

同サーキットはオーストリアの飲料メーカーの所有物だが、今回のテストを許可したのは運営元のプロジェクト・シュピールベルク社であり、レッドブル・レーシングとは直接関係がない。

テスト2日目となる17日(水)はリカルドに代わってエステバン・オコンが走行する。