レッドブル・ホンダ「RB15」

レッドブル・ホンダ、満を持して2019年の新車「RB15」を正式発表

  • 最終更新:

レッドブル・ホンダは2月13日(水)、2019年のFIA F1世界選手権を戦う新車「RB15」を正式発表。赤色と紺を組み合わせた、全く新しいカラーリングを纏ったニューマシンのレンダリングイメージを公開した。

アストンマーチン・レッドブル・レーシングは、昨シーズンを以て共にV8エンジン時代を席巻したルノーとのカスタマー契約を解消。今年からホンダ製F1パワーユニット「RA619H」を搭載し、王者メルセデスとスクーデリア・フェラーリを相手にタイトル奪還に挑戦する。

レッドブル・ホンダ「RB15」正面レンダリング

レッドブル・ホンダRB15フロントウイング

レッドブル・ホンダRB15リアエンド

エンジンカバーには「HONDA」のロゴが光る。サイドポッドからリアエンドまでの絞り込みは、過去に例がないほどの域に達しており、本当にエンジンとギアボックスが格納されているのが疑わしく思えてくる程だ。

レッドブル・ホンダRB15サイドポッド前面拡大写真

コックピット前方からサイドポッドに向かって、水平面の湾曲した巨大なフィンがボディーを沿う。フロントサスペンション周りも変化が確認できるが、ライバルを欺くために昨年型のものを流用しているように思われる。

レッドブル・ホンダRB15のフロントサスペンション

ノーズの根本には、謎のダクトが設けられている。鬼才エイドリアン・ニューウェイは何を目的にこの物体をデザインしたのだろうか?

レッドブル・ホンダRB15フロントウイング拡大写真

ノーズ先端には前期型と同じ様に、10枚の仕切り板が嵌め込まれたSダクトの吸入口と思われる部位が確認できる。

レッドブル・ホンダ「RB15」

新たなエンジンパートナーであるホンダと、スクーデリア・トロロッソから移籍してきたピエール・ガスリーの加入を祝い、ワンオフでデザインされたこの斬新でアグレッシブな彩色は、バルセロナテストあるいは開幕オーストラリアGPまでに、従来マシンと似通ったカラーリングに戻される予定だ。

チームはイメージの発表に引き続き、本拠地からほど近い英国シルバーストーン・サーキットでシェイクダウンを実施。マックス・フェルスタッペンがステアリングを握り、初の実車テストを敢行した

RB15、シェイクダウンを実施