トロロッソ・ホンダSTR13copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダ最高速で4番手、ルノー勢の先行許さず / F1プレシーズンテスト通算成績 2018年

  • 最終更新:

「Honda RA618H」を搭載するトロロッソ・ホンダの新車STR13は、2月26日から開催されたプレシーズンテストの通算成績で、全10チーム中4番目の最高速度を記録した。ピエール・ガスリーが残した333.3km/hは、ハース、メルセデス、フェラーリに肉薄。レッドブルやマクラーレンを含めたルノー勢を退ける結果となった。

最も速いスピードを記録したのはハースF1。ファステストラップでも2位につけた米国のダークホースは、スピードトラップでもモニター上部に名を刻んだ。レースペースは疑問ながらも、開幕オーストラリアでは中団争いで先行するハースの姿が見られるかもしれない。

興味深い事に、今年もチャンピオンシップ争いをリードすると目されているフェラーリとメルセデスは共に、10分の1の位まで同じ334.4km/hを記録し2番手と3番手につけた。チーム毎に搭載燃料、セットアップ、コンパウンドが異なるため一概には比較できないものの、好奇心をそそる結果と言える。

同じルノー製エンジン「R.E.18」を搭載するにも関わらず、5番手レッドブルと10番手最下位マクラーレンの速度差は7km/hと大きい。MCL33は今年もまたドラッグが大きいのだろうか。

Pos. Team Driver km/h PU
1 ハース ケビン・マグヌッセン 336.4 フェラーリ
2 メルセデス バルテリ・ボッタス 334.4 メルセデス
3 フェラーリ セバスチャン・ベッテル 334.4 フェラーリ
4 トロロッソ ブレンドン・ハートレー 333.3 ホンダ
5 レッドブル ダニエル・リカルド 331.3 ルノー
6 フォース・インディア セルジオ・ペレス 331.3 メルセデス
7 ウィリアムズ ランス・ストロール 331.3 メルセデス
8 ザウバー シャルル・ルクレール 329.3 フェラーリ
9 ルノー カルロス・サインツ 325.3 ルノー
10 マクラーレン フェルナンド・アロンソ 324.4 ルノー