レッドブル・ホンダRB16を駆るマックス・フェルスタッペン、2020年F1バルセロナテスト初日copyright Pirelli & C. S.p.A.

F1バルセロナテスト《初日》午前速報:レッドブル・ホンダが最多周回刻み3番手、最速発進はメルセデス

  • Published: / Updated:

2020年F1公式バルセロナテストが19日(水)にスペインのカタロニア・サーキットで開幕を迎えた。セッションは現地9時、日本時間17時に気温7℃、路面温度13℃のドライコンディションでスタート。4時間に渡って行われた午前のセッションが終了し、メルセデスAMGのバルテリ・ボッタスが暫定トップタイムを記録した。

新車「W11」のステアリングを握ったボッタスは1分17秒313のベンチマークを刻み、決勝レース1周分以上に相当する76周を走破した。2番手はレーシングポイントのセルジオ・ペレス。昨年の第5戦スペインGPで自身が刻んだ予選タイムを0.511秒上回る1分17秒886をマークするなど、フィールド全体が明らかなタイムアップ傾向を感じさせている。

エアロレイクを装着してカタロニア・サーキットを走るメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス、2020年F1バルセロナテスト初日
エアロレイクを装着してカタロニア・サーキットを走るメルセデスAMGのバルテリ・ボッタス

注目のレッドブル・ホンダはこの日、マックス・フェルスタッペンがRB16の走行を担当。僅か4時間で全10台中最多となる91周を走り込み、ベンチマークから0.474秒遅れの3番手タイムを残した。ただし上位2台が中間コンパウンドを履いていたのに対して、フェルスタッペンは一段硬めのC2タイヤ。現時点でのタイムに大きな意味はないものの伸び代は大きい。

公式タイヤサプライヤーのピレリは今回のバルセロナテストに、硬い方から順にC1からC5までの5つのコンパウンドを持ち込んだ。C2からC4まではサイドウォールにそれぞれ白、黄、赤のラインが入れられている一方、最も硬いC1と最も柔らかいC5はラインがなく、その代わりにプリントされた「PIRELLI」の文字が赤い方がC5、白い方がC1という扱いとなっている。

ラップタイム的に向上の余地が大きいとは言え、午前のセッションでは多くのドライバーがエラーなく走行を続けていたのに対して、フェルスタッペンはターン10でワイドに膨み縁石を乗り越えてコース外に出るなど、しばしばコントロールを乱す場面も見られた。

フェラーリSF1000をドライブするシャルル・ルクレール、2020年F1バルセロナテスト初日

スクーデリア・フェラーリは体調不良を訴えたセバスチャン・ベッテルに代わり、シャルル・ルクレールがSF1000に乗り込み、64周を走り込んで7番手タイムを計測した。ブレイク中のガレージ内には、ノートを持ち込んでメモを取るルクレールの姿があった。どうやら幾つかのロングコーナーと低速コーナーでアンダーステアが出ていたようだ。

プレシーズンテストは今季よりF1公式イベントとして開催されるため、セッション中に衝立によってガレージ内部を隠す行為が禁止されたものの、フェラーリは縦積みタイヤの山と人柱によって内部の様子を覆い隠してライバルを牽制している。

カタロニア・サーキットのホームストレートを走行するアルファロメオのロバート・クビサ、2020年F1バルセロナテスト初日

アルファロメオのテストドライバーとして、初の実走行に挑んだロバート・クビサは、午後のアントニオ・ジョビナッツィにタスキを繋ぐ前に57周を走行。ハースのケビン・マグヌッセンを抑えて8番手タイムを残した。

ピットレーンを走行する黒塗りのルノーR.S.20、2020年F1バルセロナテスト初日

執拗にマシンのディティールを隠すルノーは、期間限定の黒塗り版「R.S.20」をドライブしたエステバン・オコンが59周を走って5番手タイムを記録した。

アルファタウリ・ホンダ勢はこの日、ダニール・クビアトが「AT01」の走行を担当。53周を走って10番手タイムと、ややスロー気味にスタートを切った。

セッションはこの後現地14時から18時、日本時間22時から26時までの4時間に渡って午後の部が行われる。

F1バルセロナテスト《初日》午前結果速報

Pos Driver Team Time Tyre Laps
1 バルテリ・ボッタス メルセデス 1:17.313 C3 78
2 セルジオ・ペレス レーシングポイント 1:17.375 C3 58
3 マックス・フェルスタッペン レッドブル・ホンダ 1:17.787 C2 91
4 カルロス・サインツ マクラーレン 1:18.001 C2 64
5 エステバン・オコン ルノー 1:18.004 C3 59
6 ジョージ・ラッセル ウィリアムズ 1:18.168 C3 73
7 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:18.289 C3 64
8 ロバート・クビサ アルファロメオ 1:18.386 C3 57
9 ケビン・マグヌッセン ハース 1:18.466 C3 52
10 ダニール・クビアト アルファタウリ・ホンダ 1:18.484 C3 53