NISSAN GT-R 2020年モデル GT-R Premium edition ボディカラー ワンガンブルー(4RPM)

日産自動車、東名高速道路で2020年モデルのGT-R試乗会を開催

  • 最終更新:

日産自動車株式会社は、東名高速道路を試乗コースとして、2020年モデルの「NISSAN GT-R」の試乗会を行う事を明らかにした。NEXCO中日本とコラボレーションにより実現した本イベントは、2019年5月25日(土)と26日(日)の2日間に実施される。

日産を代表するスポーツカーであるNISSAN GT-RとフェアレディZは今年、誕生から50周年を迎える。E1東名高速道路もまた、全線開通から50周年を迎える事から、今回の特別コラボが実現した。

本イベントでは、E1東名足柄サービスエリア上りを発着点として、高速道路を運転できる体験試乗会が実施される。これは高速道路上を発着する試乗会としては初の試み。この他にも「NISSAN GT-R」と「フェアレディZ」の新型車両の展示や、ヘリテージカー(歴代の名車)を巡るスタンプラリー、日産オリジナルグッズの販売が行われる。

試乗は2日間合計で23組。事前予約が必要で、年齢35歳以上で普通自動車運転免許取得1年以上、同乗者は6歳以上かつ2名まで後席に同乗できる。試乗は、沼津スマートICを折返す約50kmのコースで行われる。応募期間は4月24日から5月5日まで、専用サイトから申し込む。多数の場合は抽選。

ヘリテージカーの展示には、往年の名車スカイライン2000GT-R(PGC10型)など3台が用意される。期間は4月27日(土)~5月26日(日)まで。

  • E1東名足柄SA(下り):スカイライン2000GT-R(PGC10型)1969年
  • E1東名牧之原SA(下り):フェアレディZ-L(S30型)1970年
  • E1A新東名清水PA:スカイラインGT-R NISMO(BNR32型)1990年