F1オーストリアGPの表彰台で、レーシングスーツのホンダのロゴを誇らしく指差すレッドブル・レーシングのマックス・フェルスタッペンcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

NHK BSスペシャル「13年ぶりの栄冠!ホンダF1はなぜ勝てたのか」元旦に放送

  • 最終更新:

NHKは年末年始特集として、2020年1月1日(水)午後20時から2時間に渡って、BS1スペシャル「13年ぶりの栄冠!ホンダF1はなぜ勝てたのか」を放送する。

チャンピオンシップ4連覇の経験を持つ強豪レッドブル・レーシングとの提携により、今季ホンダF1には日本国内のみならず、世界中から高い関心が寄せられていた。期待を背負ったレッドブル・ホンダは、レッドブルの本拠地オーストリアでマックス・フェルスタッペンが今季初優勝。ホンダにとっては2015年のF1復帰以降初、通算では、2006年8月のハンガリーGP以来13年ぶり73度目のグランプリ制覇となった。

勢いは衰えることなく、第11戦ドイツで2勝目を挙げ、第12戦ハンガリーでは、フェルスタッペンが自身初のポールポジションを獲得。サマーブレイク明けの後半戦序盤は失速したものの、シーズン最終盤に向かうに連れて再び競争力を増し、第20戦ブラジルGPで3勝目をマークすると共に、1991年以来28年ぶりの1-2フィニッシュを達成した。

本番組では、2015年の復帰時から苦悩の3年間に終わった第二期マクラーレン・ホンダ時代を経て、ホンダが如何に13年ぶりの優勝を勝ち取ったのかを暴き出す。以下、番組紹介文。

世界最高峰の自動車レースF1(フォーミュラ・ワン)。日本から唯一参戦しているホンダが、今年、劇的な復活優勝を遂げた。2015年にエンジン供給メーカーとして復帰以来、低迷にあえいできたが、6月のオーストリアグランプリで13年ぶりに優勝。7月のドイツ、11月のブラジルでも表彰台の頂点に立った。NHKでは5年前にホンダがF1復帰を表明して以来、その闘いの舞台裏をカメラに記録してきた。壊れやすく速度に劣ると酷評されてきたパワーユニットをどのように進化させ、再び世界一の座を取り戻したのか。そこには、パートナーをマクラーレンからレッドブルに変える思い切った決断や、社内の航空機部門との縦割りを超えた連携など、数々のドラマがあった。番組では、13年ぶりの優勝に輝いたレースの模様を存分に堪能するとともに、勝利の舞台裏を記録した初公開の映像も余すところなく駆使。最先端の技術を追求して活路を切り開こうとする日本企業の姿を伝える。via :NHK番組概要