WRCトヨタの2020年シーズンラインアウト、(左から)エルフィン・エバンス、セバスチャン・オジエ、トミ・マキネン、カッレ・ロバンペラcopyright TOYOTA MOTOR CORPORATION

WRCトヨタ、セバスチャン・オジェの起用を発表…2020年はエバンス、ロバンペラを含めた3台体制

  • 最終更新:

TOYOTA GAZOO Racing World Rally Teamは11月27日、2020年のFIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するドライバーとして、新たにセバスチャン・オジェ、エルフィン・エバンス、カッレ・ロバンペラの3名と契約した事を発表。3台のヤリスWRCで参戦することを明らかにした。

昨シーズンのWRCでトヨタと共に戦ったヤリ-マティ・ラトバラ、オット・タナック、エサペッカ・ラッピはチームを離脱。トヨタはラインナップを一新して来季に挑戦する。

2013年から2018年にかけて、6年連続で世界王者に輝いた35歳のセバスチャン・オジェ(フランス)と、コ・ドライバーのジュリアン・イングラシア(フランス)。シトロエン離脱後の移籍先に注目が集まっていたが、選んだのはトヨタだった。2人はこれまでにWRCで47勝を獲得。今シーズン末を以てトヨタを離れるオィット・タナックが獲得したドライバーズタイトルの奪回を目指し、来たる2020年シーズンに臨む事になる。

「トヨタの一員となった事に興奮してるし、もう一つの新たなる挑戦を本当に楽しみにしている」とセバスチャン・オジェ。「実は、2016年の終わりにも、翌年一緒に仕事をすることについて話し合ったのだけど、その時は実現に至らなかった。だがこうして、アイコニックなブランドであるトヨタ、そして子供の頃のアイドルであるトミ・マキネンと一緒に仕事をできることになり、感無量だ」

「成功するために力を合わせて戦い、世界タイトルを取り戻したい。エルフィンは以前一緒に仕事をしたことがあるから良く知っているし、非常に良いチームメイトだと思う。カッレはすでに十分な力を持っていることを証明しているし、素晴らしい才能を備えているのは間違いないから、きっとすぐに成長するだろう」

「我々3人とも、このチームで戦うのは初めてだから、クルマやその他のことについて学ぶのは簡単ではないはずだ。それでも、できるだけ早くパフォーマンスを発揮できるようにベストを尽くすよ」

イギリス、ウェールズ出身のエバンスは、地元開催のラリー・グレートブリテンで2017年にWRC初優勝を達成。グラベル(未舗装路)ラリーだけでなく、ターマック(舗装路)でも速く、今季の第4戦ラリー・フランス/ツール・ド・コルスでは、2019年からペアを組むコ・ドライバーのスコット・マーティン(イギリス)と共に、最終ステージまで優勝を争った。

フィンランド出身のカッレ・ロバンペラは、WRCウィナーのハリ・ロバンペラを父に持つ19歳の若手ドライバーだ。2017年に初めてWRC 2にR5カーでスポット参戦した後、今年はWRCのサポートシリーズであるWRC 2 Proに、コ・ドライバーのヨンネ・ハルットゥネンと共に参戦。11戦に出場し、5勝をあげチャンピオンに輝いた。契約は2年と発表された。

チーム代表を務めるトミ・マキネンは「来年を含めたこの先で、より多くのチャンピオンシップトロフィーを獲得したいと思っている我々にとって、非常にバランスのとれたラインナップになったと信じている」と述べた。また、チームを去る3名については「オィットとマルティン、ヤリ-マティとミーカ、そしてクリスとセブの、これまでの貢献に感謝の言葉を贈りたい。彼らの今後の活躍を心から願っている」と語り、感謝の意を表した。