メルセデスAMG W09copyright Mercedes-Benz Grand Prix Ltd.

メルセデスAMG、2018年F1マシン「W09」を発表!バルテリ・ボッタスがシェイクダウンを担当

  • 最終更新:

メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツ(Mercedes-AMG Petronas Motorsport)は2月22日、2018年シーズンのF1に投入する新型マシン「F1 W09 EQ Power+」を世界初公開した。正式発表は現地イギリス・シルバーストーン12時10分と告知されていたが、これを待たずしてバルテリ・ボッタスがステアリングを握る形でW09がガレージアウト、ピットロードへとその姿を現した。

今季参戦車両「W09」は、ジェームズ・アリソンがメルセデスで手がけた最初のマシンとなる。昨年フェラーリから移籍したF1界きっての著名デザイナーは、テクニカル・ディレクターとしてW09の設計部門を率いている。昨年の「W08」は全20戦中15レースでポールポジションを獲得。圧倒的な速さを見せつけた。

メルセデスAMG W09

曲面に沿って描かれたマシン側面のペトロナスカラーのラインが美しい。多くのチームがノーズ先端に突起物を付ける中、メルセデスはシンプルな円形ノーズを披露した。

メルセデスAMG W09

メルセデスのハロはコックピット周りと異なるマットな黒色に。ハロを装着してのシミュレーター作業を行ったボッタスは、存在を忘れてしまう程に視界性に問題はなかった事を明らかにしている。

メルセデスAMG W09

サスペンションアームはかなり高い位置に取り付けられており、バージボード周りはかなり込み入った複雑な造りになっているようだ。サイドポッドの吸気口はワイド&ナローで、これまた高めのポジション。リアに向けての絞込は異様なレベルに達している。

メルセデスAMG W09

ハイブリッド・ターボ時代の絶対王者メルセデスAMGは、前シーズンに自身4度目のワールドチャンピオンを獲得したルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスをラインナップに、ドライバー及びコンストラクターズの5連覇という偉業を目指す。

メルセデスAMG 2018年F1マシン「W09」新車発表会の様子

シェイクダウンを行うW09