ケビン・マグヌッセンとヤン・マグヌッセン、2021年ル・マン24時間レース参戦発表にてcopyright [email protected]

マグヌッセン親子、2021年ル・マン24時間レースで初共演「長年の夢が遂に叶った!」

  • Published:

昨年までハースに在籍していた元F1ドライバーのケビン・マグヌッセンと父ヤン・マグヌッセンが2021年のFIA世界耐久選手権(WEC)第4戦ル・マン24時間レースで夢の共演を果たす事が決まった。

マグヌッセン親子はアンデルス・フィヨルドバッハと共にハイクラス・レーシングのLMP2マシン、49号車オレカ07・ギブソンを共有する。

マクラーレン、ルノー、ハースから計119回のグランプリに出走したケビンにとってはデビュー戦となるが、マクラーレン、スチュワートなどでF1キャリア24戦を重ねた父ヤンにとっては5度目のル・マンクラス優勝を目指す事になる。

ケビンはかねがね、父ヤンと共にル・マンを走りたいと口にしていたが、8月21日・22日に開催される2021年の第89回大会で遂にその夢を実現させる事になる。

ケビン・マグヌッセンはSNSを通して「いよいよだ! 今年のル・マンで父と僕は同じチームでLMP2に参戦する事になった。何年も前から目指してきた夢が本当に叶った」と喜びのコメントを発表した。

2020年末を以てF1を離れたケビン・マグヌッセンは新天地を米国に求め、チップ・ガナッシ・レーシングからIMSAウェザーテック・スポーツカー・シリーズに参戦。デビュー戦のロレックス・デイトナ24時間では惜しくも優勝を逃した。