モンツァ・サーキットのピットロードを走行するルノーR.S.20、2020年F1イタリアGPにてcopyright Renault

ボッタス最速、燃料ポンプに不具合もルノーPU勢が上位占拠…ホンダは6番手 / F1イタリアGP《FP3》結果とダイジェスト

  • Published:

2020 F1第8戦イタリアGP土曜3回目のフリー走行が現地9月5日12時、日本時間19時より1時間に渡って行われ、メルセデスのバルテリ・ボッタスが1分20秒089を記録して公式予選前最後のプラクティス走行でタイムシートのトップに立った。

ボッタスの背後にはマクラーレンの2台が並んだ。カルロス・サインツは0.229秒遅れの2番手、ランド・ノリスは同0.323秒落ちの3番手タイムをマーク。4番手にはダニエル・リカルドが続き、ルノーエンジン勢が2-4を占めたものの、リカルドは最終盤にアクシデントに見舞われた。

セッション残り10分、レズモに差し掛かったリカルドが突如失速。メカニカルトラブルによってコース脇にクルマを停めた。セッションは赤旗中断となり、ピットウォールに座っていたシリル・アビデブール代表は首を横に振った。

正確な理由は不明だが、チームは燃料ポンプの不具合が疑われると発表した。予選までに残された時間は僅かだが、ポンプの交換であれば十分に間に合う。セッションは時計の針が残り3分というところで再開された。

グランプリ2日目を迎えた現地モンツァは晴れ渡り、予選結果を占うセッションは気温26.2℃、路面36℃、湿度53.9%のドライコンディションでスタートした。各車初日を経て施したセットアップ変更を確認しつつ、予選に向けての最終調整を進めた。

モンツァはスリップストリーム効果が大きいコースとして知られており、パドックでは少なくとも0.3秒、恐らくは0.5秒近いゲインがあると予想されている。フィールドが接近しているため、予選ではスリップストリームの有無がノックアウトの明暗を分ける可能性がある。

ホンダエンジン勢は、レッドブルのマックス・フェルスタッペンが最上位となる6番手につけた。アレックス・アルボンは7番手。2番手サインツから6番手アルボンまでは0.245秒という僅差に収まった。アルファタウリ勢はレーシングポイント勢の後塵を拝する12-13番手に並んだ。

マッティア・ビノット代表をして、前戦ベルギーGPよりも予選Q3進出のチャンスがあるというスクーデリア・フェラーリは、セバスチャン・ベッテルのトウを使ったシャルル・ルクレールが11番手につけた。ベッテルは15番手でクルマを降りた。

2020年F1イタリアグランプリ公式予選は、日本時間9月5日(土)22時から全3ラウンド、計1時間に渡ってモンツァ・サーキットにて行われる。

F1イギリスGP特集