表彰台の上で目頭を押さえるアルファタウリ・ホンダのピエール・ガスリー、2020年F1イタリアGPcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

苦楽を共にしてきたガスリーの優勝に感無量のホンダF1本橋CE「言葉が見つからない」

  • Published: Updated:

3年間に渡る不遇のマクラーレン共闘時代を経て、イタリアの良き友人たち恵まれファエンツァのチームと共に苦楽を共にしてきたホンダF1の本橋正充チーフエンジニア(CE)は、ピエール・ガスリーの初優勝に「言葉が見つからない」と喜びを噛み締めた。

2018年の提携から数えて、アルファタウリ(旧トロロッソ)との50戦目の節目を迎えた2020年F1第8戦イタリアGP。ホンダF1はパワーユニットサプライヤーとしてガスリーの初優勝を後押しした。

これまで数々の感動をホンダ並びにファエンツァのチームに授けてきた若きフランス人ドライバーは、2度のセーフティーカーと赤旗によって混乱したレースをくぐり抜け、マクラーレンのカルロス・サインツを抑えて堂々のトップチェッカーを受けた。

ピエール・ガスリーの優勝に歓喜するアルファタウリ・ホンダの面々、2020年F1イタリアGP
© Getty Images / Red Bull Content Pool

レースを振り返ったアルファタウリ担当の本橋CEは「今日の勝利にまさにアメイジングの一言です。今の気持ちをどう表して良いのか、言葉が見つかりません」と語った。

「ここまで一緒に歩んできたAlphaTauriとの50戦目という記念のレース、そして彼らのホームグランプリであるここモンツァで、ここまでずっと苦楽を共にしてきたガスリー選手と一緒に勝利を挙げる事ができ、信じられない気持ちです」

「個人的には、赤旗中断になる前の段階から”もしかしたら”という気持ちはあり、パワーユニット(PU)としても最大限のパワーを送ることができました」

「今日だけでなく、ここまでの歩みも含めて、チームの全員、ガスリー選手、クビアト選手、そして応援してくれたファンのみなさまに感謝しています。本当にありがとう。そしておめでとう!」


9月6日(日)にモンツァ・サーキットで行われた2020年F1第8戦イタリアグランプリ決勝レースでは、10番グリッドからスタートしたピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)が波乱のレースを制してキャリア初優勝を飾った。2位はカルロス・サインツ(マクラーレン)。3位表彰台にはランス・ストロール(レーシングポイント)が滑り込んだ。

F1イタリアGP特集