2019年インディカー・シリーズ第3戦バーバー予選でポールポジションを獲得したレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨copyright Honda

Indycar 第3戦バーバー予選:佐藤琢磨が通算8回目のポールポジションを獲得!

  • 最終更新:

2019年インディカー第3戦ホンダ・インディGPの公式予選が4月6日(土)にアラバマ州バーミングハムのバーバー・モータースポーツ・パークで行われ、レイホール・レターマン・ラニガン・レーシング(RLLR)の佐藤琢磨がキャリア通算8回目、ロードコースとしては初のポールポジションを獲得した。

2番手にはチームメイトのグラハム・レイホールが続き、RLLRが最前列を占拠した。RLLRが予選1-2を手にしたのは、ブライアン・ハータと共同オーナーであるボビー・レイホールが1998年のロングビーチで達成して以来初めて。実に21年ぶりの快挙であった。

3番手はスコット・ディクソン(Chip Ganassi)、4番手にはジェームズ・ヒンチクリフ(Schmidt Peterson)、5番手にはスペンサー・ピゴット(Ed Carpenter)が続き、トップ5は全てホンダエンジン勢という結果となった。

強豪ペンスキーとアンドレッティ・オートスポーツ勢は、一台もファスト6に進む事が出来なかった。ペンスキー勢最上位は、今季2戦連続でポールを獲得していたウィル・パワーの7番手。チームメイトのシモン・パジェノーは14番手、ジョセフ・ニューガーデンは16番手に終わった。ペンスキーがファスト6進出を逃したのは、2014年のロングビーチ以来。苦戦を強いられた。

決勝レースは、日本時間4月8日(月)早朝5時よりGAORA SPORTSで生中継され、8日(月)21時30分~と11日(木)23時~に再放送が行われる。視聴には、スカパーひかりTVとの契約が必要となる。

インディカー第3戦バーバー予選順位結果

Pos. Driver Team Session
1 佐藤琢磨 Rahal Round 3
2 グラハム・レイホール Rahal Round 3
3 スコット・ディクソン Chip Ganassi Round 3
4 ジェームズ・ヒンチクリフ Schmidt Peterson Round 3
5 セバスチャン・ブルデー Dale Coyne Round 3
6 スペンサー・ピゴット Ed Carpenter Round 3
7 ウィル・パワー Team Penske Round 2
8 アレキサンダー・ロッシ Andretti Round 2
9 コルトン・ハータ Harding Racing Round 2
10 サンティノ・フェルッチ Dale Coyne Round 2
11 ライアン・ハンター=レイ Andretti Round 2
12 ジャック・ハーベイ Schmidt Peterson Round 2
13 マルコ・アンドレッティ Andretti Round 1-1
14 シモン・パジェノー Team Penske Round 1-2
15 マテウス・レイスト AJ Foyt Round 1-1
16 ジョセフ・ニューガーデン Team Penske Round 1-2
17 フェリックス・ローゼンクビスト Chip Ganassi Round 1-1
18 パトリシア・オワード Harding Racing Round 1-2
19 トニー・カナーン AJ Foyt Round 1-1
20 マーカス・エリクソン Schmidt Peterson Round 1-2
21 エド・ジョーンズ Ed Carpenter Round 1-1
22 マックス・チルトン Carlin Round 1-2
23 ザック・ビーチ Andretti Round 1-1
24 ベン・ハンリー DragonSpeed Round 1-2