2019年インディカー第10戦ロードアメリカでの表彰台セレモニーcopyright Indycar

Indycar 第10戦ロードアメリカ決勝:ロッシが今季2勝目、佐藤琢磨は10位「ベスト6の可能性があっただけに悔しい」

  • 最終更新:

2019年NTTインディカー・シリーズ第10戦ロードアメリカ・REVグループGPの決勝レースが6月22日(日)にウィスコンシン州エルクハートレイクで行われ、アンドレッティ・オートスポーツのアレキサンダー・ロッシが今季2度目、キャリア通算7度目の優勝を飾った。後続に28秒以上の大差を付けての圧勝だった。

2位はウィル・パワー、3位にはジョセフ・ニューガーデンが続き、強豪ペンスキー勢が表彰台の2つを占拠した。予選6番グリッドからスタートしたレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨は、度重なるアクシデントの影響もあり、10位でチェッカーフラッグを受けた。

2019年インディカー第10戦ロードアメリカ決勝を走るレイホール・レターマン・ラニガン・レーシングの佐藤琢磨

「スタートはとても良かったです」と佐藤琢磨。「ですが、残念ながらターン3でヒンチクリフとサイド・バイ・サイドになり、コース外に追し出されてしまい大きく順位を失う事になりました。本当に残念です。その後はレース全体を通してリカバーしようとトライしました」

「今回も去年と同じく、ウィングのレベルを下げてダウンフォースをトリムしたんですけど、クルマの完成度としてはもう一歩足りませんでした」

「結果として、僕らのタイヤ選択は正しかったと思います。最後のスティントではブルデーとハンター=レイの2台をオーバーテイクし、二つのポジションを上げる事が出来ましたしね。その点に関してはポジティブですが、ベスト6に入れるだけの可能性があったに、それを達成できなかったのは残念です」

ロードアメリカは、最大の州都ミルウォーキーから北へ60マイルに位置する全長が4.014マイル(約6,459m)のロングコース。1955年に設立された。ミシガン湖西岸の丘陵地帯に作られコースの回りには木々が茂り、北アメリカで最も美しいサーキットと称される。

雨の予報もあったが決勝当日は晴れに恵まれ、レースは55周、距離にして220.77マイル=約355kmで争われた。プッシュ・トゥ・パスは200秒。アクティベーション1回あたり最大20秒間のエンジンブーストが許可された。全長が長くランオフエリアが広いこともあり、最後までフルコースイエローが出ることはなかった。

オープニングラップでは2番スタートのロッシが、ポールシッターのコルトン・ハータをオーバーテイク。これが勝敗を決するバトルとなった。佐藤琢磨はスタート直後に5番手に浮上するも、2ラップ目にジェームズ・ヒンチクリフ(Schmidt Peterson)とのバトルの際にコース外にはみ出てしまい、一気に12番手にまで後退した。

佐藤琢磨はその後、1台、また1台とオーバーテイクして9番手にまで浮上するも、セバスチャン・ブルデー(Dale Coyne)に仕掛けた際にオーバーシュート。再び大きくポジションを落とす厳しい展開に見舞われたが、粘り強い走りで徐々に挽回。レッドタイヤに苦しんでいた2台をファイナルラップで交わし、トップ10フィニッシュでレースを終えた。

次戦ホンダ・インディトロントGPは、現地7月14日(日)午後3時にグリーンフラッグを迎える。

ロードアメリカ決勝順位結果

Pos. Start Driver Gap
1 2 アレキサンダー・ロッシ
Andretti
–.—-
2 3 ウィル・パワー
Team Penske
28.4391
3 4 ジョセフ・ニューガーデン
Team Penske
31.8443
4 5 グラハム・レイホール
Rahal
33.4094
5 12 スコット・ディクソン
Chip Ganassi
39.1173
6 18 フェリックス・ローゼンクビスト
Chip Ganassi
41.7825
7 9 ジェームズ・ヒンチクリフ
Schmidt Peterson
45.5520
8 1 コルトン・ハータ
Harding Steinbrenner
47.6935
9 16 シモン・パジェノー
Team Penske
53.8945
10 6 佐藤琢磨
Rahal
58.9047
11 15 ライアン・ハンター=レイ
Andretti
1:01.0878
12 7 セバスチャン・ブルデー
Dale Coyne
1:03.9724
13 17 マーカス・エリクソン
Schmidt Peterson
1:17.7859
14 8 スペンサー・ピゴット
Ed Carpenter
1:19.6032
15 19 ジャック・ハーベイ
Meyer Shank (SPM)
1:42.2456
16 22 マックス・チルトン
Carlin
1:46.5309
17 13 パトリシオ・オワード
Carlin
1 lap
18 14 ザック・ビーチ
Andretti
1 lap
19 21 サンティノ・フェルッチ
Dale Coyne
1 lap
20 20 マテウス・レイスト
AJ Foyt
1 lap
21 23 トニー・カナーン
AJ Foyt
1 lap
22 11 エド・ジョーンズ
Ed Carpenter
1 lap
23 10 マルコ・アンドレッティ
Andretti
37 lap

2019年シーズンのインディカー・シリーズは、例年通りCS放送のGAORA SPORTSで生放送される。視聴にはスカパーやひかりTVとの契約が必要となる。

スカパー!WEBサイト