2018年仕様のホンダ製F1パワーユニットRA618H

ホンダ・レーシング、F1日本GPの開催に合わせて2018年仕様のF1エンジン「RA618H」を世界初公開!

  • 最終更新:

ホンダ・レーシングはF1日本グランプリ開催に合わせて、鈴鹿サーキットのGPスクエアで2018年仕様のF1パワーユニット「Honda RA618H」を展示。普段はカウルに覆われている貴重な姿を初めて公開した。

1.6リッターV型6気筒、最高回転数15,000rpmを誇るRA618Hは、2017年仕様のホンダ製パワーユニット「RA617H」のコンセプトを継承した進化版となっている。

2018年仕様のホンダ製F1パワーユニットRA618H

上の画像が18年版のRA618H。技術流出の観点から現行モデルが一般公開される事は珍しく、グランプリに足を運んでいるファンの方には是非とも間近でご覧頂きたい。

ホンダ製F1パワーユニット「RA617H」

こちらは17年仕様のRA617H。見比べてみると全体的な構成はかなり似通っており、RA618Hがゼロベースから作られたものではなくRA617Hを下地に開発されている事が見て取れる。

F1日本GP特集