闇夜に光るニュルブルクリンクのレーシング・ポイントF1チームのガレージ、2020年F1アイフェルGPにてcopyright Racing Point

FIA、レーシングポイント「コピー問題」の再発を防ぐべく2021年F1技術規約を変更

  • Published:

世界モータースポーツ評議会(WMSC)はF1アイフェルGPが開幕を迎えた10月9日(金)、レーシングポイントRP20の”コピー問題”の再発を防ぐべく、2021年シーズンのF1テクニカル・レギュレーションの改定案を正式承認した。

レーシングポイントの2020年型F1マシン「RP20」を巡っては、昨シーズンのF1世界選手権を制したメルセデス「W10」の空力コンセプトを丸ごと模倣した等として、ルノーが抗議を表明。最終的にリアブレーキダクトが違法認定される事となった。

とは言え違法性が認定されたのは競技規約のみで、技術規約上は合法であるとされたため当該ブレーキダクトの継続使用が認められる事となり、ルノーだけでなくフェラーリやマクラーレン、ウィリアムズが控訴の姿勢を示したが、同様の問題の発生を防ぐべくF1と国際自動車連盟(FIA)が来季レギュレーション変更を約束した事で問題の収束に至った。

左:メルセデスの2019年型マシン「W10」、最終アブダビGPにて / 右:レーシングポイントの2020年型マシン「RP20」、バルセロナテストにて
メルセデスの2019年型マシン「W10」、最終アブダビGPにて / 右:レーシングポイントの2020年型マシン「RP20」、バルセロナテストにて

改定案は主として「リバース・エンジニアリングの広範な使用を禁止する」ものであり、このルール変更はF1委員会によって承認された後、9日夜に今季3度目となるWMSCの会合がジャン・トッド会長主催の下で行われ、今年8月に全10チームが署名した新たなコンコルド協定と合わせて正式承認された。

具体的には、3次元カメラや、画像並びに写真から設計データを作成するソフトウェア、パーツのスキャン、画像データをモデル変換するソフトウェア等の使用が全て禁止される。

FIAはWMSCの会合を終えて「2021年技術規則の変更が承認された。これにより、マシンの表層的空気力学デザインにおいて、競合他社のリバース・エンジニアリングを広範に使用することが禁止される」との声明を発表した。

また、コンコルド協定の承認については「これはより緊密かつ持続可能な競争を生み出すことを目指したガバナンス構造の改善であり、2022年の導入が予定されている財務・競技・技術レギュレーションの大幅改正と相まって、モータースポーツの頂点足るF1の力強い未来を確保するものだ」と述べた。

F1アイフェルGP特集