FIA-F2選手権オーストリアのレース1で優勝したカーリンの松下信治copyright Formula 2

松下信治、F2オーストリアのレース1で今季初優勝「アグレッシブに戦えた事が何より嬉しい」

  • 最終更新:

FIA-F2選手権の第6戦オーストリアのレース1が29日にレッドブル・リンクで行われ、2列目4番手からスタートしたカーリンの松下信治が今季初優勝を飾った。2位はルカ・ギオット(UNI-Virtuosi Racing)、3位にはニック・デ・ブリース(ART Grand Prix)が続く結果となった。

松下にとっては2017年ハンガリーのレース2以来、通算5度目の優勝。レース1での勝利としてはキャリア初の栄冠となった。この勝利により松下はシリーズランキング8位に浮上した。

インタビューに応える松下信治、FIA-F2選手権オーストリア レース1

「スタートはスピンが多くてうまくいきませんでした」と松下。「外から並ばれましたが、ブレーキには自信があったので、ポジションを守れてよかったです。その後、タイヤ交換をする前に2台を抜けたので、それもよかったですね」

「予定どおりのタイヤ交換を終えて、そこからはタイヤ勝負だと思っていたので、タイヤをマネージメントしながらのレースでした。とにかくクルマがよかったし、トップのペースもそんなに速くはなかったので、そんなにがんばらなくてもいいペースでいけました」

「ピットインしていないクルマを抜くときに、1回ミスしてしまい、トップとの差が広がってしまいましたが、クルマの感じもよくて、レース終盤には追い付き、追い越すことができました。優勝はもちろんうれしいですが、マシンの状態もよく、自分もアグレッシブなレースができたことが一番うれしいです。レース2でもスタートを決めて、また表彰台を目指したいです」

2019年FIA-F2選手権ラウンド6 オーストリア レース1

この日のシュピールベルクは好天に恵まれ、レース1は現地16時45分に気温30℃、路面温度48℃のドライコンディションでスタート。若干出遅れた松下は、ターン1までに後続に迫られるもポジションを死守。その後、周冠宇をオーバーテイクし、オープニングラップを終えて3番手に浮上した。続く2周目にはアンソニー・ユベールをパス。2番手へと駒を進めた。

6周目、タイヤ交換のためピットインした松下は一時的に8番手に後退。その後はレース中盤にかけて好ペースで周回を重ね、第一スティントを引き伸ばした前走車を次々に交わし、25周目に4番手にまで浮上した。全車がピットインを済ませた35周目、2番手の松下はターン1でニック・デ・ブリースを鮮やかにオーバーテイク。トップに立った後も後続を引き離し、トップチェッカーを受けた。

レース1で勝利した松下はリバースグリッドにより4列目8番手から、30日(日)午前11時、日本時間午後6時にスタートするレース2に挑む。

2019年 F2オーストリア レース1 順位結果

Pos Driver Team Gap
1 N. Matsushita Carlin
2 L. Ghiotto UNI-Virtuosi Racing 2.963
3 N. de Vries ART Grand Prix 10.428
4 A. Hubert BWT Arden 10.786
5 S. Sette Câmara DAMS 12.720
6 G. Zhou UNI-Virtuosi Racing 15.514
7 L. Delétraz Carlin 16.541
8 J. King MP Motorsport 22.321
9 N. Latifi DAMS 23.184
10 J. Aitken Campos Racing 32.919
11 J. Correa Sauber Junior Team by Charouz 35.892
12 N. Mazepin ART Grand Prix 35.988
13 G. Alesi Trident 39.890
14 C. Ilott Sauber Junior Team by Charouz 46.138
15 R. Tveter Trident 70.057
16 S. Gelael PREMA Racing 75.742
17 T. Calderón BWT Arden 76.586
18 M. Schumacher PREMA Racing 1 LAP
19 P. O’Ward MP Motorsport 1 LAP
A. Maini Campos Racing 49.454

F1オーストリアGP特集