F1 Eスポーツ・シリーズの会場copyright Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブル・ホンダは現役起用せず…F1バーチャル・バーレーンGP エントリーリスト

  • Published: Updated:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響で中止されたリアルレースの代替戦として行われる「F1バーチャルGP(F1 Esports Virtual Grand Prix)」だが、記念すべき1回目のイベント「F1バーチャル・バーレーンGP」では、期待された現役F1ドライバーの参加は限定的かもしれない。

公式初のバーチャルレースは第2戦バーレーンGPの代わりとして3月22日(日)に開催される。レース周回数は実戦の半分の28周。予選ではドライバーの最速ラップタイムに基づいてグリッドが決定され、レースはグリニッジ標準時3月22日(日)20時、日本時間23日早朝5時よりYouTubeやFacebookページにて生中継される。

バーチャルGPの発足発表では「多くの現役F1ドライバーが目玉」とされていたが、現役ドライバーは最終的に、ウィリアムズのニコラス・ラティフィとマクラーレンのランド・ノリスの2名に留まった。グリッド随一のシムレース愛好家であるマックス・フェルスタッペンは参加しない。

F1バーチャルGPではCodemasters社のF1公認ゲーム「F1 2019」のPC版が使われるが、フェルスタッペンはZiggo Sportとのインタビューの中で次のように語り、一度もプレイした事がないと説明している。

「あのゲームは一度もプレイした事がないからレースには参加しない。慣れるのに数日かかってしまうし、今は他のゲームで忙しいから、別のゲームに切り替えたくないんだ。上手くいきっこないからね」

フェルスタッペンは公式バーチャルレースの代わりに、21日(土)に開催される第2回「All-Star Esports Battle」に参戦する。こちらは「F1 2019」ではなくフェルスタッペンが主戦場とする「rFactor 2」でレースを行う。フェルスタッペンの他にもニコ・ヒュルケンベルグやファン・パブロ・モントーヤら総勢60名がしのぎを削る。

第2弾 All-Star Esports Battle

アレックス・アルボンも参加しないため、レッドブル・ホンダは英国出身の自転車競技選手で、6度のオリンピック金メダリストであるクリス・ホイと、BMWモータースポーツのワークスドライバーとしてウェザーテック・スポーツカー選手権で戦うフィリップ・エンを起用する。

クリス・ホイは現役引退後、モータースポーツでのキャリアをスタートさせ、ル・マン24時間レースではマーティン・ブランドルと共にアストンマーティン・ヴァンテージGT4を駆り、2015年のレース・オブ・チャンピオンズではロマン・グロージャンのチームメイトを務めたこともある。

F1バーチャル・バーレーンGP エントリーリスト

チーム ドライバー
レッドブル・ホンダ クリス・ホイ
フィリップ・エン
フェラーリ ロバート・シュワルツマン
ディノ・ベガノビッチ
ウィリアムズ ニコラス・ラティフィ
リアム・ペイン
アルファタウリ・ホンダ ルカ・サルバドーリ
サドキスト
メルセデス ストフェル・バンドーン
エステバン・グティエレス
ルノー イアン・ポールター
周冠宇
マクラーレン ランド・ノリス
ニック・ハミルトン
レーシングポイント ジミー・ブロードベント
ニコ・ヒュルケンベルグ
アルファロメオ サイナイド
ジョニー・ハーバート
ハース アンソニー・デビッドソン
ポール・チャロナー

F1バーレーンGP特集