シムレース中のマックス・フェルスタッペン、2016年F1オーストリアGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

今度も豪華…フェルスタッペン含む60名が参戦!第二弾「All-Star Esports Battle」の開催が決定

  • Published: Updated:

F1オーストラリアGPの代替レースとして3月15日にオンライン上で行われた「All-Star Esports Battle」では、F1やインディカー、フォーミュラE選手権等、新型コロナウイルスのパンデミックの影響で突如暇を持て余す事となった超一流ドライバーがしのぎを削り、高い関心を集めたが、その第二弾イベントの開催が決定した。

2回目のAll-Star Esports Battleはバーチャル・バーレーンGPが開催される前日の3月21日(土)英国時間17時、日本時間26時より開催され、その模様は以下のYouTubeチャンネルでライブ配信される。

前回大会ではマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)が高いスキルを披露し、プロのシムレーサーに迫る速さを見せたが、最終ラウンドのオープニングラップでクラッシュに見舞われ、最終11位フィニッシュに終わった。

現役プロドライバーとして最上位フィニッシュしたのは、チップ・ガナッシからインディカーに参戦中のフェリックス・ローゼンクヴィスト。現実世界での彼同様に、圧倒的な守備範囲の広さを見せつけた。

今回もフェルスタッペンとローゼンクビスト、ファン・パブロ・モントーヤやニール・ヤニが再び参戦するほか、新顔としては昨季限りでルノーを離脱したニコ・ヒュルケンベルグやスーパーフォーミュラ王者のニック・キャシディ、ゲーマーからプロレーサーに転向したヤン・マーデンボロー、更にはAmazonビデオで配信中のジェレミー・クラークソン、リチャード・ハモンド、ジェームズ・メイによる「The Grand Tour」で女性テストドライバーとして活躍するアビー・イートンらが挑戦する。

  • マックス・フェルスタッペン(F1)
  • ニコ・ヒュルケンベルグ(元F1ドライバー)
  • ファン・パブロ・モントーヤ(元F1ドライバー)
  • セバスチャン・モントーヤ(F4)
  • ネルソン・ピケJr.(フォーミュラE王者)
  • アントニオ・フェリックス・ダ・コスタ(フォーミュラE)
  • マキシミリアン・ギュンター(フォーミュラE)
  • ニール・ヤニ(フォーミュラE)
  • フェリックス・ローゼンクヴィスト(インディカー)
  • エド・ジョーンズ(インディカー)
  • トニー・カナーン(インディカー)
  • ニック・キャシディ(2019年スーパーフォーミュラ王者)
  • ヤン・マーデンボロー(SUPER GT)
  • ダニエル・ジュンカデラ(DTM等)
  • ジョナサン・アダム(英国GT選手権王者)
  • ジェームズ・ボールドウィン(WFGチャンピオン)
  • ジェームス・デイヴィソン(ブランパンGT等)
  • チャーリー・イーストウッド(WEC)
  • アビー・イートン(The Grand Tourドライバー)
  • フィリップ・エング(BMW Motorsport)
  • ロス・ガン(英国GT選手権)
  • ニッキー・ティーム(WEC)
  • ハリー・ティンクネル(IMSA)

今回も前回同様に、クルマの挙動のリアルさが各方面から高い評価を得ている「rFactor 2」がプラットフォームに採用される。フォーマットとしては、60名の参加者を20名×3グループに分け、各々のグループで勝ち残った15名がファイナルに進出する。これにプロドライバーによる予選レースを勝ち抜いた5名が加わり、20名による最終のメインイベントが行われる。