2019年のF2スパ・フランコルシャンで事故死したアンソニー・ユベールcopyright FIA FORMULA 2

F1、ベルギーGP決勝を予定通り開催…事故死したユベールを偲び1分間の黙祷を実施

  • 最終更新:

フォーミュラ1は、故アンソニー・ユベールを追悼するため、1日(日)に開催されるF1第13戦ベルギーGPスタート前に、1分間の沈黙を行うと発表した。22歳のフランス人ドライバーは、31日(土)に行われたF2のフィーチャーレース中に発生したクラッシュに巻き込まれた。

事故の発生を受けて一部のF1チームは定例会見をキャンセル。その後、ユベールの死亡が確認された。世界のモータースポーツ界は悲劇的な事故と若き才能の喪失を嘆いた。

F2は事故が発生したレース1と、1日午前に開催予定であったスプリントレースを中止。なお、本日予定されているF3のスプリントレースは、当初の予定より遅い現地午前11時へと変更されたものの、実施される事が発表された。F1もまた、定刻通り現地15時10分、日本時間22時10分にスタートが行われる。FIA国際自動車連盟は、F1とF3各々のスタート前に1分間の沈黙を行う事を明らかにした。

ユベールと同じく事故に巻き込まれたフアン・マヌエル・コレアは、軽度の脊椎損傷と下肢骨折の手術を受けた後、現在集中治療室にいるものの、安定した状態にあることが確認されている。コレアはアルファロメオ・レーシングの開発ドライバーを務めており、先日ポール・リカール・サーキットで行われたプライベートテストに参加。F1マシンで初走行を行ったばかりであった。

F1ベルギーGP特集