18インチピレリタイヤ、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにて (1)
Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

シュワルツマン最速、レッドブル・ホンダは9番手…18インチ履く新車は「0.5秒ダウン」2021年F1アブダビテスト最終日結果

  • Published:

12月15日(水)にヤス・マリーナ・サーキットで行われたF1アブダビテスト最終2日目、フェラーリ・ドライバー・アカデミー(FDA)所属のロバート・シュワルツマンがハースの2021年型「VF-21」を駆りタイムシートのトップに立った。

今季FIA-F2選手権でアルピーヌ・ジュニア所属のオスカー・ピアストリに次ぐランキング2位を獲得した22歳のロシア人ドライバーはこの日、他の9名が18インチタイヤでのテストに取り組む中、唯一現行マシンをドライブした。財政的負担を理由にウィリアムズは参加を見送った。

ハースF1から2021年12月15日のF1アブダビテストに参加したロバート・シュワルツマン、ヤス・マリーナ・サーキットにてCourtesy Of Haas

ハースF1から2021年12月15日のF1アブダビテストに参加したロバート・シュワルツマン、ヤス・マリーナ・サーキットにて

シュワルツマンは1分25秒348を記録。初日の若手ドライバーテストで今季フォーミュラEチャンピオンのニック・デ・フリース(メルセデス)が刻んだトップタイムより2秒以上遅かった。

現行ドライバーによる型落ちのミュールカーでの来季18インチ・ピレリタイヤテストの方は、マクラーレンのランド・ノリスが最速を刻んだ。ピレリは各チームに5種類のコンパウンドを供給した。

セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)は序盤に油圧系のトラブルに見舞われ赤旗の原因を作ったが、その後巻き返してノリスに次ぐ3番手タイムを記録した。

ホンダF1パワーユニット勢は、マックス・フェルスタッペンから作業を引き継いだセルジオ・ペレス(レッドブル)が9番手、ピエール・ガスリー(アルファタウリ)が5番手タイムをマークした。

18インチタイヤで周回を重ねるマクラーレンのランド・ノリス、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

18インチタイヤで周回を重ねるマクラーレンのランド・ノリス、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにて

18インチタイヤで周回を重ねるレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

18インチタイヤで周回を重ねるレッドブル・ホンダのセルジオ・ペレス、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにて

18インチタイヤで周回を重ねるアストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにてCourtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

18インチタイヤで周回を重ねるアストンマーチンのセバスチャン・ベッテル、ヤス・マリーナ・サーキットで2021年12月15日に行われたF1アブダビテストにて

初日のグレイニング発生とデータ分析を経て、ピレリは2日目にフロント側の内圧を21.5psiへと変更し、初日より1.5psi下げた。リア側は17.5psiのまま。これによりグレイニングに関して幾らか状況が改善された。

タイヤウォーマーの温度も、来年の規約に合わせてフロント、リアともに70℃に設定された。これまではフロントが100℃、リアが80℃だった。

今回のテストで各チームが走らせたのは型落ちのミュールカーであり、2022年の新車はエアロダイナミクスもブレーキも全く異なる上に、ホイールリムカバーも装着される。故に本テストのタイムシートから何かを予想する事は難しい。

ピレリのモータースポーツ部門を率いるマリオ・イゾラは、最新のシミュレーション分析を経て新車が現行型より0.5秒ほど遅くなるとの試算を各チームが出している事を明かした上で、開発競争によってそのギャップは来季終盤までに埋まるだろうとの考えを示した。

2021年F1アブダビテスト最終2日目結果
Pos Driver Team Time Gap Tyre Laps
1 ロバート・シュワルツマン ハース 1:25.348 若手 130
2 ランド・・ノリス マクラーレン 1:25.809 +0.461s C5 134
3 セバスチャン・ベッテル アストンマーチン 1:26.379 +1.031s C5 134
4 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:26.404 +1.056s C5 82
5 ピエール・ガスリー アルファタウリ・ホンダ 1:26.451 +1.103s C5 149
6 カルロス・サインツ フェラーリ 1:26.706 +1.358s C5 151
7 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ 1:26.940 +1.592s C5 148
8 周冠宇 アルファロメオ 1:27.850 +2.502s C5 150
9 セルジオ・ペレス レッドブル・ホンダ 1:27.991 +2.643s C5 118
10 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:28.622 +3.274s C5 123

本テストの閉幕により、2021年シーズンの全ての公式セッションが終了した。

F1アブダビGP特集