スクーデリア・トロロッソSTR13のノーズにプリントされたホンダのロゴcopyright Honda

マーカス・エリクソン、ホンダエンジンの進化を称賛「一般に評価されている以上の性能を持っている」

  • 最終更新:

アルファロメオ・ザウバーF1チームのマーカス・エリクソンは、トロロッソにパワーユニットを供給するホンダの改善は目覚ましく、それに相応しい評価が得られていないと考えている。

2015年の復帰以降、事ある毎に「遅い」との批判を浴びてきたホンダパワーユニット。GPSデータから導き出された馬力やトップスピード等、様々な指標を根拠にバッシングの対象となってきたものの、トラック上でガチンコバトルしたエリクソンはそれが過小評価に過ぎないと感じたようだ。

ザウバーのマシン後部に搭載されているのは、既に王者メルセデスを凌駕していると目されるスクーデリア・フェラーリ製パワーユニット「062 EVO」。シーズン後半戦の行方を占うF1ベルギーGPでは、現時点で最強と噂される跳ね馬の馬力を以てしても、トロロッソ・ホンダを捕らえる事が出来なかった。

「第一スティントの序盤にガスリーのDRS圏内にいたんだけど、彼をオーバーテイクできなかったんだ。DRSを使っても近づく事さえできなかった。ホンダが素晴らしい改善を果たしている事の表れだよ」

エリクソンは、現時点ではメルセデスとフェラーリが最強パワーユニットだと考えているものの、一般に考えられている以上にホンダ製エンジンの性能は高いと主張する。

「ホンダは、評判以上の力を持っている。トロロッソとバトルしてみてそう確信したんだ。だって僕らはガスリーを追い抜けず、その逆にハートレーには追い抜かれてしまったんだからね」

「DRSがあったとは言え、ハートレーに追い抜かれるなんて思ってもみなかったよ。だからこそ、僕は多くの人々が考えている以上にホンダが優れてるって思うんだ。彼らは言われているほど遅くはないよ」

全長7004m、エンジン全開率75%を誇るスパ・フランコルシャン・サーキットは、エンジン性能がラップタイムに与える影響が大きい「パワーサーキット」として知られている。それだけに、ホンダ自身でさえスパでの苦戦を予想の上で現地入り。だが、蓋を開けてみれば9位入賞でポイントを獲得してみせた。

「トロロッソ・ホンダの前でチェッカーを受けたかったんだけど、彼らはかなり力強いレースペースを発揮していた」

ベルギーGPの決勝ではオープニングラップに多重クラッシュが発生。ダニエル・リカルドとキミ・ライコネンのリタイヤなくしてガスリーの入賞はあり得なかった。だがエリクソンが主張するように、トロロッソSTR13のレースペースは中団グループの中でも引けを取らず、ガスリーは優勝したセバスチャン・ベッテルと同一周回でチェッカーフラッグを受けている。

F1ベルギーGP特集