ジル・ビルヌーブ・サーキットでメディアからの質問に答えるルノーのダニエル・リカルド、2019年F1カナダGPcopyright RENAULT SPORT

ダニエル・リカルド、フェラーリ移籍を全面否定「仮にベッテルが引退したとしても…」

  • 最終更新:

ルノーのダニエル・リカルドは、仮にセバスチャン・ベッテルが今季限りでフェラーリからF1を引退したとしても、その後任としてマラネロのチームに移籍する事はないと断言した。

本人は重ねて否定しているものの、ベッテルが今季限りでフォーミュラ1の表舞台から辞するのではとの憶測が尽きない。リカルドの地元メディアは先日、フェラーリが仲介者を通して非公式にバルテリ・ボッタスとリカルドに接触したと報道。リカルドはルノーと2年契約を結んでいるものの、メルセデスあるいはフェラーリからのオファーであれば、2019年末を以て移籍できるとの条項があると報じた。

だが、当のリカルドはF1イギリスGPを前に次のように述べ、移籍の可能性を全面的に否定。更に、ルノーと交わした契約書には何も特別な条項はないと主張した。

「セブ(ベッテル)の引退に関する記事を読んだけど、僕としてはその噂を信じていないし、仮に彼がリタイヤしたとしても、僕がそのかわりにフェラーリに移籍することは絶対にない」

「僕はルノーとの間で2年契約を結んでいるし、契約書には特別な条項は何もないんだ。つまりは2020年末までルノーに留まる事が確実というわけさ。例えチームを離れようと思ったとしても、僕にはそうする事が出来ないんだ」

「もしもセブが今年限りでF1を去るとしても、それは彼自身が下した決断であり、僕がそれに関与する事はない」

リカルドはレッドブル・レーシングに籍を置いていた昨年、キミ・ライコネンの後任としての移籍についてフェラーリ側と交渉の席を持っていたが、最終的に話し合いは決裂に終わった。その理由は明らかではないものの、育成傘下のシャルル・ルクレールの跳馬昇格を押す声が強まったためだとみられている。

F1イギリスGP特集