チャンピオンズウォールの餌食となったハースのケビン・マグヌッセン、F1カナダGP予選

動画:カナダGP《予選》ハイライト / マグヌッセンが大クラッシュ…悪名高き”王者の壁”が牙を剥く

  • 最終更新:

フォーミュラ1公式Youtubeアカウントが、8日土曜に行われた2019年第7戦カナダGP予選セッションの模様を収めた5分24秒のハイライト動画を公開した。今年もまた、悪名高きチャンピオンズ・ウォールが牙を剥いた。

Q2でのチェッカーフラッグ後、最終シケインを駆け抜けようとしたハースのケビン・マグヌッセンがアウト側のコンクリートウォールに激突。この衝撃でリアサスペンションが破損し、VF-19はピットウォールに激しくクラッシュした。

セッションは赤旗中断となり、マグヌッセンの後方でタイム計測を行なっていたマックス・フェルスタッペンや、ランド・ノリス、ロマン・グロージャン、ダニール・クビアトらが計測をアボート。タイムシートに大きな影響が生じた。

14コーナー外側の壁は、F1サーキットの中でも最も難しい場所として知られており、これまでに歴代のF1王者たちが数多くクラッシュを喫した歴史から「チャンピオンの壁 = Wall of the Champions」と呼ばれ恐れられてきた。

チャンピオンズウォールの餌食となったハースのケビン・マグヌッセン、F1カナダGP予選

予選結果とセッションの詳しい経緯については、2019年F1カナダGP予選ダイジェストを参照されたい。

F1カナダGP特集