アストンマーチンF1のブリティッシュグリーンに身を包んだセバスチャン・ベッテルとランス・ストロール

アストンマーチンF1、コグニザントとの冠スポンサー契約を発表…新VIもお披露目

  • Published: Updated:

アストンマーティンF1チームは2021年1月7日(木)、アメリカ・ニュージャージー州に本社を置く多国籍IT企業、コグニザント(Cognizant)との新たなタイトルスポンサー契約を発表した。コグニザントはITインフラストラクチャとソフトウェアソリューションをチームに提供する。

本拠地は変わらず英国シルバーストーンのままだが、レーシング・ポイントF1チームとしての歴史の幕は下り、チームは2021年シーズンのF1で「アストンマーティン・コグニザント・フォーミュラワンチーム(Aston Martin Cognizant Formula One Team)」を名乗る。

1959年から1960年にかけてワークスとして参戦していたアストンマーティンにとっては実に60年ぶりのF1復帰となる。

アストンマーチンF1のファクトリー前に設置された看板

更に公式WEBサイトを始めとする一連のメディアチャンネルが刷新され、マシンの新たなカラーリングとなる事が予想される”ブリティッシュグリーン”を全面に押し出した新しいヴィジュアル・アイデンティティ(VI)が公開された。

コグニザントのロゴが入ったアストンマーチンF1の2021年型マシンのディザー

2018年に旧フォース・インディアを買収してレーシング・ポイントF1チームを設立し、昨年、自動車メーカーとしてのアストンマーティンを買収したローレンス・ストロール会長は「この新しい章をコグニザントと共にスタートできることを大変誇りに思っている。デジタル革命が続く今日の世界において、彼ら以上に適任のパートナーは考えられない」との談話を発表した。

また、チーム代表兼CEOのオトマー・サフナウアーは今回の契約について、イノベーションとテクノロジーはF1チームの要であるとして「ブランディング以上に大きな意味を持つ」との認識を示した。

新たな旅路を担うレギュラードライバーは、フェラーリから移籍してきた4度のF1ワールドチャンピオン、セバスチャン・ベッテルと、オーナーの息子ランス・ストロールのコンビだ。ベッテルはチームの成功のためには努力を惜しまないと意気込みを語った。

チームは2017年にオーストリアの水処理技術の大手「BWT」をタイトルスポンサーに迎え入れて以降、契約の一環としてマシンを印象的なピンクで彩ってきたが、それも終わりを迎える事になりそうだ。

現時点では公式サイトにBWTの名は掲載されておらず、少なくともタイトルスポンサーを降りる事は確実な情勢だが、何らかの形で関係を継続することについて現在協議中と見られている。