伝統のブリティッシュグリーンに彩られたアストンマーチン

アストンマーチンF1、2021年のカラーリングは伝統のブリティッシュグリーン

  • Published:

来季よりF1世界選手権への参戦を開始するアストンマーチンF1のカラーリングは、期待されていたように伝統のブリティッシュグリーンがメインカラーとして採用されるようだ。

レーシング・ポイントF1チームは2017年のBWTとのタイトルスポンサー契約以降、派手なピンクのカラーリングでチャンピオンシップを戦ってきたが、アストンマーチンを名乗る来季以降のマシンは英国モータースポーツを象徴する伝統的なカラーに変更されるようだ。

ル・マンで優勝したアストンマーチンV8ヴァンテージGTEと1959年ル・マン24時間レースで1-2フィニッシュを飾ったアストンマーティンDBR1
アストンマーチンV8ヴァンテージGTEと1959年ル・マン24時間レースで1-2フィニッシュを飾ったDBR1

英国シルバーストーン本拠のチームとアストンマーチンの所有者であるローレンス・ストロールの実子ランスは、ソチ・オートドロームで行われたFIA会見の中で「ブリティッシュ・レーシング・グリーンになると思う。かなりクールになるだろうね」と語った。

イギリスの高級自動車メーカーは、同社初のオープンホイールマシン「DBR4」と「DBR5」を携え、1959年と1960年の2シーズンに渡ってF1に参戦するもノーポイントに終わり、以降はフォーミュラを捨ててスポーツカーレースに集中してきた。

広告掲載が解禁される以前のF1では、車体のカラーリングが国別のナショナルカラーで彩られており、「DBR4」と「DBR5」には彩度が低く青みが強い緑色のカラーリングが施されていた。

1959年ル・マン24時間レースで1-2フィニッシュを飾ったアストンマーティンDBR1
1959年ル・マン24時間レースで1-2フィニッシュを飾ったアストンマーチンDBR1

来シーズンの変更点はマシンのカラーリングだけではない。2021年にはセルジオ・ペレスに代わって、4度のF1ワールドチャンピオンであるセバスチャン・ベッテルがチームに加入する。

ストロールは、ムジェロで行われたトスカーナGPの週末にフェラーリのモーターホームを訪れた事を明かし「握手をしてチームへの加入を歓迎した。…凄くエキサイティングになるだろうから、楽しみにしている」と語った。

F1初開催を迎えたムジェロでのレースでストロールは、超高速コーナーのアラビアータでクラッシュを喫したが、幸いにも事故による身体への影響はないようで「ブレーキペダルを力いっぱい踏み込んだせいで、数日はふくらはぎが少し痛かったけど、それだけだった」と明かした。

このクラッシュの影響でRP20は大きなダメージを負った。ムジェロでは、ストロールのみに1周あたり0.2~0.3秒のゲインがあると見込まれる最新型のアップグレードパッケージが与えられており、当初はソチでペレスにも同じ開発パーツが投じられる予定となっていたものの、事故の影響で製造が1セットしか間に合わず、ソチ・オートドロームでの週末もストロールのみが最新仕様を使う。

F1ロシアGP特集