2020年F1アブダビGP決勝レースを終えてグリッド上で互いの健闘を称えるメルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタスcopyright Daimler AG

メルセデス、39戦連続リードラップ記録潰える「今日のレッドブル・ホンダの速さは驚異的だった」

  • Published:

シーズン全体を通してみれば”圧勝”だが、シーズン最終戦のみを切り取ると”完敗”だった。2020年シーズンの最終第17戦アブダビGPは、様々な点でチャンピオンチームの連続記録を終わらせるイベントとなった。

潰えた3つの連続記録

体調万全とは言い難いもののシーズンフィナーレに向け、ルイス・ハミルトンはCOVID-19陽性の隔離生活からカムバック。しかしながら、僚友バルテリ・ボッタス共々、土曜の公式予選ではレッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンを抑える事は出来ず、それぞれ2-3番グリッドに甘んじた。

巻き返しを狙ったレースでの逆転も叶わず、フェルスタッペンは2位ボッタスに15.9秒という大きな差を付けてフィニッシュラインを駆け抜けた。全周ラップリードのおまけ付きだった。

メルセデスは2014年に始まったV6ハイブリッド時代の中で初めて、ヤス・マリーナ・サーキットでのポールポジションを失っただけでなく勝利をも逃し、更にはF1史上最多記録を更新中であった39戦連続リードラップ記録を終わらせる事となった。

レッドブルの速さに意表を付かれたハミルトンとボッタス

2年連続でのドライバーズチャンピオンシップ2位を獲得したボッタスは「今日のレッドブルは速過ぎた。驚くような速さだった」とレースを振り返った。

「レースペースは僕らと大差ないと思ってたんだけど、彼らはレース全体をコントロールする余裕すらあって、必要に応じてギャップを築く余力を持っていた。できる限りの事をしようと頑張ったけど、付いていく事はできなかった」

「少なくともクリーンで悪くないレースだったし、スタートも問題なかったから、シーズンの終わり方としては好ましくなかった」

「最終戦でレッドブルに負けたという事実がチームに奮起を促す事は間違いない。来シーズンに向けて冬の間により一層の努力を重ねる事になるだろう。二度とこのような事を起こさないためにね」

MGU-Kの信頼性に不安を抱えた事で、今週末のメルセデスPU勢は予定よりも出力を抑えての走行を余儀なくされていたが、タイムを失っていたのはストレート区間ではなかった。

チーム代表のトト・ウォルフは苦戦の原因について、2台共がアンダーステアに苦しみ、肝心の最終セクターだけでなく、セクター2の始まり、つまり左右左と続く低速のターン5からターン7でもかなりのタイムを失っていたと説明した。

フィジカル的な仕上がりが100%とは言えない状態で55周のレースに挑んだハミルトンは、体調を考慮すれば3位表彰台は「凄く嬉しい結果」だと語った。

「過去数週間の状況を考えると、表彰台で終われて本当に満足だ。もちろん、期待していた程良くはなかったけどね」とハミルトンは語る。

「マックス(フェルスタッペン)とレッドブルを祝福したい。今日の彼らは本当に速かった。勝利に値する」

「今週末は大きく離されてしまい、彼らのペースに付いていく事ができなかった。アレックス(アルボン)が僕の背後に迫っていたのもファンタスティックだった。僕にとってはハードなレースだったから、無事にフィニッシュできてホッとしたよ」

2020年 メルセデス戦歴

ハミルトン ボッタス
出走 16回 17回
優勝 11回 2回
表彰台 14回 11回
ポールポジション 10回 5回
フロントロー 13回 14回
ファステストラップ 6回 2回
入賞 16回 14回
Q3進出 16回 17回
決勝最高位 1位 1位
ベストグリッド 1番手 1番手
DNF 0回 1回
ランキング 1位 2位
ポイント 347点 223点

12月13日(日)にヤス・マリーナ・サーキットで行われた2020年F1最終第17戦アブダビ・グランプリ決勝レースでは、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペンが今季2勝、通算10勝目を上げて優勝した。2位はバルテリ・ボッタス、3位表彰台にはルイス・ハミルトンが滑り込んだ。

F1サーカスはこれより束の間のオフを迎える。2021年シーズンは12月15日(火)のポストシーズンテストと、年明け後のプレシーズンテストを経て、3月21日のオーストリアGPで開幕を迎える。

F1アブダビGP特集