ジョージ・ラッセルのカーナンバー63を付けたメルセデスW10、2019年F1アブダビテスト2日目copyright Pirelli & C. S.p.A.

F1アブダビテスト最終日《結果》ホンダ、最多ラップで順調走行…最速はメルセデスを駆ったラッセル

  • 最終更新:

2019年の最後のセッション、F1アブダビ・ポストシーズン・テスト最終2日目が12月4日(水)にヤス・マリーナ・サーキットで行われ、メルセデスW10をドライブしたジョージ・ラッセルが、2020年型のC5プロトタイプで1分37秒204のトップタイムを記録。145周、レース距離に換算して3レース分をたった一日で走り込んだ。

初日にウィリアムズFW42のステアリングを握ったラッセル。この日はメルセデス育成ドライバーとして、今季のチャンピオンマシンをドライブし、前日にレギュラードライバーのバルテリ・ボッタスが刻んだファステストに対し、ジャスト0.1秒に迫った。

ピレリは、今回テストに2019年型のC1からC5までの5種類と、2020年型のプロトタイプの6種類、合わせて11種類のコンパウンドを投入。2020年型はC1からC5に加えて、C2のBスペック版が用意された。2020年仕様はショルダー部がラウンド処理されており、クルマの空力効率に影響を及ぼすとされる。

各チームに提供されたの2日間で20セット。そのうち12個はピレリ指定のコンパウンドとなっており、2019年型のC3とC4がそれぞれ2つずつ、2020年型のC2、C3、C4およびC5がそれぞれ2つ割り当てられた。

2番手タイムを刻んだのは、スクーデリア・フェラーリのシャルル・ルクレール。タイムシートこそ良かったが、午後に入るや否や、昨日のセバスチャン・ベッテルがスピンしたのと同じターン13でクラッシュを喫し、セッションは赤旗に。最後の2時間を傍観者として過ごし、トータル周回数は103ラップに留まった。

ヤス・マリーナ・サーキットを走行するフェラーリのシャルル・ルクレール、2019年F1アブダビテスト2日目

ホンダエンジン勢は深刻なトラブルなく、トロロッソのピエール・ガスリーが全車最多となる146周を、そしてレッドブルのアレックス・アルボンが139周を走破し、各々4番手と7番手タイムを刻んでクルマを降りた。来季タイトル争いを目指すミルトンキーンズのチームは、RB15に巨大なエアロレイクを取り付け、精力的にテストプログラムを消化した。

昨日のルノーでのデビュー走行を経て、エステバン・オコンは再びR.S.19をドライブ。一日を通して128周を走り込み、ハースF1チームのピエトロ・フィッティパルディを抑えて7番手タイムをマークした。

ウィリアムズはロイ・ニッサニーとニコラス・ラティフィが作業を分担。来季シートを射止めているカナダ人ドライバーは107周を走り込みと共に、前日にラッセルが刻んだ最速タイムをコンマ15秒ほど上回った。午前を担当したロイ・ニッサニーは、そんなラティフィから4秒近く遅れた。

ピットアウトするウィリアムズのロイ・ニッサニー、2019年F1アブダビテスト2日目
ピットアウトするロイ・ニッサニー

F1アブダビテスト担当ドライバー

F1アブダビテスト最終2日目 総合順位結果

Pos. Driver Team Time Tyre Lap
1 ジョージ・ラッセル メルセデス 1:37.204 C5(2020年型) 145
2 シャルル・ルクレール フェラーリ 1:37.401 C5(2019年型) 103
3 ランス・ストロール レーシングポイント 1:37.999 C5(2020年型) 132
4 ピエール・ガスリー トロロッソ・ホンダ 1:38.166 C5(2020年型) 146
5 カルロス・サインツ マクラーレン 1:38.729 C5(2020年型) 112
6 エステバン・オコン ルノー 1:38.950 C4(2019年型) 128
7 アレックス・アルボン レッドブル・ホンダ 1:39.181 C4(2019年型) 139
8 ピエトロ・フィッティパルディ ハース 1:39.682 C5(2019年型) 135
9 アントニオ・ジョビナッツィ アルファロメオ 1:39.811 C5(2020年型) 115
10 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ 1:40.188 C4(2020年型) 107
11 ロイ・ニッサニー ウィリアムズ 1:43.892 C4(2020年型) 38

F1アブダビGP特集