ヘレス・サーキットを走行するカモフラージュ柄のレッドブル・レーシングのF1マシンcreativeCommons Getty Images / Red Bull Content Pool

ヘレス・サーキット

  • Updated:

ヘレス・サーキットとは、スペイン南部のヘレス・デ・ラ・フロンテーラに位置するレースサーキットのこと。スペイン語では「Circuito de Jerez」(シルクイート・デ・ヘレス)、英語では「Circuit of Jerez」と表記する。

へレスF1テスト

温暖な気候であるため、寒いオフシーズンに行われるF1公式テストに数多く利用されてきた。直線が短く、コーナーが連続する中低速テクニカルサーキットである。

ヘレス・サーキット

ヘレスでのF1グランプリ

1986年から1990年まで5度に渡って、F1スペインGPとしてレースが行われた。だが、1990年の予選でマーティン・ドネリーが瀕死のクラッシュに見舞われた事もあり、翌年のスペインGPはバルセロナに新しく作られたカタロニア・サーキットへと移転した。

その後、1994年と1997年に2回、F1ヨーロッパGPとしてグランプリが開催されたが、これを最後にカレンダーから脱落した。

日本人ライダーの死

ヘレス・サーキットでは悲しい出来事もあった。1993年ロードレース世界選手権の250ccクラスに出場していた若井伸之が、予選タイムアタックに入ろうとフルスロットルで走行中、ピットロードを横切る通行人を避けようとしてコンクリートウォールに激突し、頭部を強打して死亡した。享年25歳。その後サーキットには彼のシンボルマークであるフラミンゴのモニュメントが建てられてた。

サーキットの場所