creativeCommons Grant.C

フラットスポット

  • 最終更新:

フラットスポットとは、急ブレーキなどでタイヤがロック(回転が止まってしまうこと)した際に、地面と接触したタイヤの一部分が摩擦により削られ、平面になってしまう事を指す。

部分的に平らになってしまったタイヤで走るとガタガタしてしまい(バイブレーション)、そのまま走り続けるとサスペンション等が振動によって破損することもある。マシンの挙動が乱れ、ドライバビリティが悪化しタイムも低下する。

一度フラットスポットができてしまうと、同じ箇所で再度ロックする可能性が高まり更にフラットスポットが悪化…と一切良いことがない。TV中継のスローVTRの際に注意深く観察すると、フラットスポットの有無がよく分かる。

フラットスポットによるサス破損でのクラッシュ

2005年ヨーロッパGP。レース中盤に周回遅れのマシンをパスする際、タイヤを激しくロックさせたキミ・ライコネン。その時右フロントタイヤ作ってしまったフラットスポットの影響で、マシンに相当の振動が発生していた。結果、ファイナルラップでサスペンションアームが破損しクラッシュを喫した。