2018年ヤリスWRC

《WRC》トヨタ・ガズー・レーシング、2018年仕様ヤリスWRCを公開

  • 最終更新:

FIA世界ラリー選手権(WRC)に参戦するTOYOTA GAZOO Racing WRTは、オートスポーツ・インターナショナル・ショーで2018年仕様の最新版ヤリスWRCを公開した。イギリス・バーミンガムで本日11日(木)から14日(日)まで開催される同イベントには、WRC参戦中のマニュファクチャラー4社が一同に会した。

目を引くのはフロント周りの空力パッケージ。昨年型から改良された新しいフロントバンパーとフェンダーによって、マシン前方のダウンフォース向上が期待される。ヤリスWRCは、同社の小型市販車ヴィッツをベースにWRカーに仕立て上げられている。

目に見えない箇所の変更点として、チーム代表を務めるトミ・マキネンは冷却系の改善を挙げる。

「昨年、チームの皆の努力の結晶であるヤリスWRCは、ラリーに勝つことが出来るクルマであると分かりましたが、同時にライバルとの競争を通じ、我々にはまだまだ改善すべき点があることも数多く学びました。それらの学びから、フロントの改良によるエアロダイナミクスパフォーマンスの向上と冷却系の改良をすることができました」

2017年のレギュレーション大改訂に伴って、エンジン吸気量を制限するエアリストリクターのサイズが33mmから36mmへと拡大し、ヤリスは最高出力380馬力以上を叩き出す。

参戦2年目となる2018年シーズンのトヨタWRCは3台体制。ヤリ-マティ・ラトバラ(32歳/フィンランド)/ミーカ・アンティラ組、エサペッカ・ラッピ(26歳/フィンランド)/ヤンネ・フェルム組に加えて、オット・タナック(30歳/エストニア)/マルティン・ヤルヴェオヤ組が加わり、全レースに3台のヤリスWRCを投入する。

2018年ヤリスWRC 仕様

エンジン

形式
直列4気筒直噴ターボエンジン
排気量
1,600cc
最高出力
380馬力以上
最大トルク
425Nm以上
ボア×ストローク
83.8mm x 72.5mm
エア・リストリクター
36mm(FIA規定)

トランスミッション

ギアボックス
油圧式6速シフト
駆動方式・差動装置
4WD
機械式ディファレンシャルx2
アクティブ・センター・ディファレンシャル
クラッチ
焼結ツインプレート・クラッチ

シャシー/サスペンション

フロント/リア
マクファーソン・ストラット
サスペンションストローク量
非公開
ステアリング
油圧式ラック&ピニオン
ブレーキ・システム
グラベル用:300mm
ターマック用:370mm

寸量および重量

全長/全幅/全高
4,085mm(空力パーツ込)/1,875mm/調整可能
トレッド幅
調整可能
ホイールベース
2,511mm
最低重量
1,190kg

性能

加速性能
非公開
最高速度
201kddh(理論値)