2022年シーズンのF1世界選手権に供給されたピレリの18インチスリックタイヤ
Courtesy Of Pirelli & C. S.p.A.

2023年のF1に試験導入される「改訂予選フォーマット」とは何か?

  • Published:

2023年シーズンのFIA-F1世界選手権に試験導入されるのはDRSの制限緩和だけではない。「改訂予選フォーマット(RQF)」とは一体、どのようなものなのか?

シーズンを通して過去最大の6回が計画されているF1スプリントでは、スタート及びセーフティーカーからの再開時にDRSの使用許可が従来よりも1周早められる事が決まっている

だがこれと合わせてもう一つ、実験的な試みが最大2大会(現時点ではどのグランプリで採用されるか未定)の予選で実施される。それが改訂予選フォーマットだ。

2006年以降、F1の予選は3ラウンド制のノックアウト方式を採用している。第1ラウンドの「Q1」には全20台が参加。そのうちラップタイム上位15台が「Q2」に進出し、Q2では上位10台が「Q3」へ進出する。

いずれのラウンドにおいてもドライバーは装着するコンパウンドを自由に選ぶ事ができるが、改訂予選フォーマットが採用される週末では、予選3ラウンドの各々で装着できるコンパウンドが以下のように制限される。

  • 予選Q1:ハードタイヤのみ
  • 予選Q2:ミディアムタイヤのみ
  • 予選Q3:ソフトタイヤのみ

ただしウエット宣言が出された場合はこの限りでなく、インターミディエイトとウエットタイヤを含めた全てのコンパウンドを自由に履くことができる。

一つのレースウィークに供給されるタイヤは晴れ用のスリックが13セットだが、改訂予選フォーマットが採用される週末は以下のように11セットに削減される。

  • ハードタイヤ…3セット
  • ミディアムタイヤ…4セット
  • ソフトタイヤ…4セット

これは週末全体に用意されるタイヤを削減して持続可能性を高める事を目的としており、今季のトライアルが成功した場合は2024年シーズン以降に全面採用される可能性がある。