ストフェル・バンドーン、F1モナコGPで3グリッド降格ペナルティcopyright F1

ストフェル・バンドーン、F1モナコGPで3グリッド降格ペナルティ

  • 公開日時:

第五戦F1スペインGP決勝レースで、ウィリアムズのフェリペ・マッサに接触したストフェル・バンドーンに対して、スチュワードはグリッド降格ペナルティを課すことを決定した。マクラーレン・ホンダのバンドーンは次戦モナコGPの決勝レースを3グリッド後ろからスタートすることになる。

34周目に16番手を走行していたバンドーンは、後ろを走っていたマッサにホームストレートで横に並ばれ1コーナーで接触した。イン側に飛び込んでいたマッサに気づかず、マシン右フロントをマッサのマシンにぶつけてしまった。マシンのコントロールを失ったバンドーンはそのままコース外に、グラベルに捕まりそこでリタイヤとなった。この接触によりマシンの右サスペンションは破損、MCL32は無残な姿と成り果てた。

モナコGPはエンジンパワーへの要求が低く、マクラーレン・ホンダにとってはポイント獲得の大きなチャンスになると考えられていただけにバンドーンのペナルティは痛手。モナコGPの舞台であるモンテカルロ市街地コースはオーバーテイクが難しいため、スタートポジションが極めて重要なコースとして知られている。