テレビ放送

F1アメリカGP テレビ観戦ガイド:放送日程と天気…フジNEXTとDAZNライブ配信スケジュール

  • 最終更新:

2019年F1第19戦アメリカGPは、メキシコGPとのダブルヘッダーとして、11月1日(金)から3日(日)までの3日間の日程で開催される。舞台となるのはサーキット・オブ・ジ・アメリカズ、通称COTA。昨年のレースでは、フェラーリのキミ・ライコネンが113戦ぶりに表彰台の頂点に立った。

現地オースティンと日本の時差は、前戦メキシコシティと同じ14時間。いずれのセッションも、日本時間の深夜から明け方にかけての開催となるが、4日(月)が文化の日の振替休日となるため、メキシコGPよりはリアルタイム視聴しやすいかもしれない。地上波及びBSでの無料生放送は行われないため、視聴に際しては、有料放送か有料ネット配信サービスを利用する必要がある。

F1を見るための3つの方法

コース及びレース概要

ヘルマン・ティルケ最高傑作との呼声高いCOTAは、2012年に設立され、今年で7年目を迎える。高速コーナーあり、高低差あり、多数のテクニカルコーナーありと、ドライビングの腕が試されるチャレンジングなサーキットで、ドライバーからの評価は高い。

サーキット・オブ・ジ・アメリカズのコースレイアウト図

レイアウト的には、鈴鹿のS字を彷彿とさせるセクター1と、ストレート2本をヘアピンで繋ぐセクター2、そして低速のセクター3と、セクションごとに様々な特性が組み合わされたコースと言える。

週末の現地天気

執筆時点での天気予報では、週末3日間の現地オースティンは曇り予報。降水確率は10%ほどで、ウェットコンディションとなる可能性は低い。3日間はいずれも最高気温が18度程度、最低気温は6度程度と予想されている。

開催スケジュールと放送日程

F1世界選手権アメリカグランプリはフリー走行2回、予選、そして決勝の全4セッションで構成される。フリー走行1回目は、11月3日(金)深夜1時にスタート。決勝は、4日(月)早朝4時10分からフォーメーションラップが開始される。フジテレビ及びDAZNともに、フリー走行、予選、決勝の全セッションがノーカット生中継される。

フジテレビNextスカパーは、スタジオから今宮純 津川哲夫、川井一仁の各氏が解説を担当。実況は初日を塩田康介アナウンサーが、2日目以降を野崎昌一アナウンサーが務める。放送開始時刻は、フリー走行と予選はセッション開始10分前、決勝は40分前となる。

スポーツチャンネルDAZNでは、中野信治、田中健一、小倉茂徳の各氏が解説・実況を担当。国際映像以外にも、ライブタイミングやオンボードカメラ映像を一つの画面で楽しめる「F1ゾーン」を配信する。下記はすべて日本時間。

セッション
開始時間
CS放送
フジテレビ
ネット配信
DAZN
FP1
11月2日(金)
25:00-26:30 24:50-
実況:塩田康介
解説:津川/今宮
25:00-
FP2
11月2日(金)
29:00-30:30 28:50-
実況:塩田康介
解説:津川/今宮
29:00-
FP3
11月3日(土)
27:00-28:00 26:50-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮
27:00-
予選
11月3日(土)
30:00- 29:50-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮
30:00-
決勝
11月4日(日)
28:10- 27:30-
実況:野崎昌一
解説:川井/今宮
28:10-

タイヤ選択

公式タイヤサプライヤーのピレリは、中間レンジのC2からC4コンパウンドを投入する。

  • ハード: C2
  • ミディアム: C3
  • ソフト: C4

ドライバー別タイヤアロケーション

2018年の統計データ

  • 優勝:キミ・ライコネン(Ferrari)
  • ウイニング戦略:1ストップ
  • リタイヤ:4台
  • ポール:ルイス・ハミルトン 1:32.237

F1アメリカGP特集