2019年のF1ピレリタイヤcopyright Pirelli & C. S.p.A.

F1イギリスGP:最速タイヤ戦略と残存セット数、理論上最も速いストラテジーは?

  • Published: Updated:

2020年シーズンのトリプルヘッダー第2弾の初戦、第4戦イギリスGPの決勝レースが日本時間8月2日(日)22時10分にブラックアウトを迎える。52周のレースを制するのは誰なのか? 各ドライバーの手持ち残存タイヤセット数と、ピレリが考える最速のタイヤストラテジーをまとめる。

超高速コーナーが連続するシルバーストーン・サーキットはタイヤへの負荷が大きい。ピレリは今回、最も硬いレンジのC1(ハード/白)、C2(ミディアム/黄)、C3(ソフト/赤)のラインナップを持ち込んだ。最も高い耐久性を誇るC1が投入されるのは今季初。C1~C3は昨年のイギリスGPと同一の組み合わせだ。

2019年のレースでは、メルセデスのルイス・ハミルトンが中古のミディアムで20周を走った後、ハードへと履き替えて残りの32周を走り、1ストップで勝利を収めた。トップ10フィニッシュのタイヤ戦略は1ストップと2ストップで分かれた。

決勝がドライコンディションで行われる場合、各マシンは最低2種類の異なる硬さのコンパウンドを使用しなくてはならない。ウェットレースとなればその義務も消滅する。現時点ではウェットの可能性は低い。

決勝に向けての各ドライバーの手持ちタイヤは以下の通り。ハードは全員が新品を1セット保持しており、ミディアムに関してはフェラーリの2台、ルイス・ハミルトン、ランス・ストロール以外の全車が1セットの新品を残している。

2020年F1イギリスGP ドライバー別残存タイヤ

52周で競われるイギリスGPの理論上最速と考えられる戦略は1ストッパーだ。

ピレリは、ソフトタイヤで18~22周を走った後にハードタイヤに履き替える1ストップ戦略が主流になると予想している。次善策はソフト(16~18周)、ソフト(16~18周)と繋いで最後にミディアムを履く2ストッパー。

ミディアムスタート勢は、21~24周目にピットストップを行い、その後ハードタイヤでチェッカーフラッグを受けるストラテジーが最速だという。上位勢で言うと、メルセデスの2台、マックス・フェルスタッペン、ランス・ストロール、シャルル・ルクレールがミディアムでのスタートとなる。

ソフトとミディアムの1ストップはタイヤのデグラデーションが激しいため、採用するチームはないと見られる。

2020年F1イギリスGP 最速タイヤストラテジー

2020年 F1イギリスグランプリ決勝レースは、日本時間8月2日(日)22時10分にスタート。1周5,891mのシルバーストーン・サーキットを52周する事でチャンピオンシップを争う。

F1イギリスGP特集