メディアインタビューに応えるアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年4月29日F1ポルトガルGPCourtesy Of Red Bull Content Pool

角田裕毅、期待は程々に…2度のミスを経てF1ポルトガルGPで軌道修正へ。鈴鹿日本GP延長は「最高のニュース」

  • Published:

アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は、自身初めての走行となるアルガルベ・サーキットでのF1第3戦ポルトガルGPに過度な期待を抱いておらず、前戦イモラでのミスを踏まえて予選へのアプローチを変更する。

F1デビュー戦となった開幕バーレーンGPでは、歴代F1王者達をごぼう抜きにして9位フィニッシュを飾ったが、続くエミリア・ロマーニャGPではQ1でクラッシュを喫し、グリッド後方からスタートしたレースでは、ポイント圏内を射程に捉えるもスピンを喫して12位と、穫れるはずのポイントを逃す結果に終わった。

ポルティマオでの開幕を翌日に控えた角田裕毅は、前戦イモラはデビューに向けて事前に走り込みを積み重ねてきたサーキットであったため「大きな自信と高い期待を胸に」週末に挑んだ事がプレッシャーとなり、不用意にプッシュし過ぎてしまったと振り返って、ポルトガルではチームのためにもその埋め合わせをしたいと誓った。

「特にイモラは僕にとって大きな学びとなる週末でした。レースウィーク中に2回に渡って酷いミスを犯してしまい、その結果、チームにとっても本当に悪い週末になってしまいました」と角田裕毅。

「もっと上位を期待していましたし、ポイント獲得の大きなチャンスがあっただけに本当に残念ですし、チームにも申し訳ないと思っています」

「ですがドライバーとしては、イモラとバーレーンから多くの事を学んでいますし、将来に向けて前向きに捉えていますので、そういう意味では凄く複雑な気分です」

「チームのため、自分自身の仕事のため、そしてチャンピオンシップやチームランキングのためにも、僕はクリーンなレースをしなければなりません。パフォーマンスは十分ありますので、あとはそれを全て出し切るだけですし、将来的にはそうしていきたいと思っています」

アルガルベ・サーキットでトラックウォークを行うアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年4月29日F1ポルトガルGPCourtesy Of Red Bull Content Pool

アルガルベ・サーキットでトラックウォークを行うアルファタウリ・ホンダの角田裕毅、2021年4月29日F1ポルトガルGP

ポルトガルGPの開催地であるアルガルベ・サーキットは高低差が特徴の一つで、多くのブラインドコーナーがある他、ターン4からターン5にかけてはダウンヒルでの難しいブレーキングが要求される。

過去にレース経験がない未知のコースゆえ、角田裕毅はポルトガルGPに対する期待値は「低い」として、難しい3日間になると予想。予選では、勝手知ったるバーレーンやイモラとは異なるアプローチで臨みたいと語った。

「いつものようにレースウィークに入る前に何度かシミュレーターに乗り、今朝はコースの下見を行いました。予想していた以上のアップダウンでびっくりしました。明日の走行が凄く楽しみです」と角田裕毅。

「事前に走行経験があったイモラやバーレーンと比べると、今回は難しいレースウィークになると思いますので、1周毎に少しずつペースを上げていきたいと思っています」

「正直なところ、今週末に対する期待値はイモラの時より低いので、FP1からラップ毎にペースを上げていき、予選ではイモラとは違ったアプローチをする必要があると考えています」

「(イモラでの予選)Q1の時は、クルマ的にQ2進出に十分なペースがあったにも関わらず、まるでQ3でアタックするかのように2セット目のニュータイヤでプッシュしてしまいましたので、今回はそうしたアプローチを変更しようと思っています」

なお、ポルトガルGPに先立っては鈴鹿サーキットでのF1日本GPの契約が3年延長され、少なくとも2024年までカレンダーに留まる事が決まった。これについて角田裕毅は「待ち望んでいた今年最高のニュースの一つ」として歓迎した。

また、2021年シーズン中に3回実施される事が決まったスプリント予選については「新しいチャレンジをサポートしたい。良いアイデアだと思う」と肯定的な見解を示したが、通常の週末とはフォーマットが異なる事から、ルーキー勢にとっては難しい試みとも付け加えた。

スプリント予選が実施されるグランプリでは、初日午前の60分間のフリー走行を経てすぐに予選が行われるため、コースへの習熟を深める時間が限られる。ベテラン勢にとっては大きな問題とはならないだろうが、相対的に新人にとっては難しい挑戦と言える。

F1ポルトガルGP特集