2018年鈴鹿10時間レースの様子copyright Honda

鈴鹿10時間参戦の50台が圧巻の公道パレード、ハッキネン来場予定のイベントを8月22日に開催

  • 最終更新:

三重県鈴鹿市は、鈴鹿サーキットで2019年8月23日(金)に開幕を迎えるGT3の世界一決定戦「2019第48回サマーエンデュランス『SMBC BHオークション鈴鹿10時間耐久レース(SUZUKA 10H)』」に先立って、モータースポーツを身近に感じることができるイベント「鈴鹿モータースポーツフェスティバル」を8月22日(木)に開催する事を決定した。

「モータースポーツ都市」を標榜する鈴鹿市は、F1日本グランプリや鈴鹿8耐などの国際レースを開催している鈴鹿サーキット側と協力し官民一体のイベントを企画。鈴鹿10時間に出場する50台ものレーシングカーによる公道パレードやドライバートークショー、展示車両によるエンジンサウンドパフォーマンスなどを実施する。

公道パレードは8月22日(木)11時30分から12時に予定されており、総距離は約6.6kmに及ぶ。鈴鹿サーキットのモータースポーツゲートを出発点として、鈴鹿市道加佐登鼓ヶ浦線(通称サーキット道路)を通過しイオンモール鈴鹿を目指す。折り返し地点であるイオンモール鈴鹿第2駐車場イベント内特設イベント会場を1周したあとは、再びサーキット道路を経て、鈴鹿サーキットへと戻る。

また、イオンモール鈴鹿第2駐車場内特設イベント会場では、SUZUKA 10H出場のレーシングカーの展示や、ドライバーによるトークショーやサイン会が開催されるほか、鈴鹿市に拠点を持つ2輪・4輪チームのレース車両を集めたマシン展示や乗車体験、各種車両のエンジンサウンドパフォーマンスやタイヤ交換デモンストレーションも同時開催される。参戦を表明しているF1ワールドチャンピオン、ミカ・ハッキネンも参加する予定で、時間は10時30分から16時を予定している。