ヒュルケンベルグ「高い気温と湿度のために最も厳しいレースになる」F1シンガポールGP 2017《preview》copyright Renault

ヒュルケンベルグ「高い気温と湿度のために最も厳しいレースになる」F1シンガポールGP 2017《preview》

  • 公開日時:

ニコ・ヒュルケンベルグは、シンガポールGPは高い気温と湿度のためにシーズン中で最も厳しいレースになると指摘、肉体を最高の状態にして備える事が重要だと語った。

チーム代表を務めるシリル・アビテブールは、R.S.17は前戦イタリアよりもシンガポールにマッチしていると語り、チャンピオンシップランキングで前を行くウィリアムズの追い抜きに自信を見せている。

同僚ジョリオン・パーマーのシーズン中の交代劇が報じられているが、ヒュルケンベルグは自身にはチームメイトを選ぶ権利は与えられておらず首脳陣が決める事だと主張、ドライバーラインナップ決断への関与を否定している。

シーズンで最も厳しいグランプリ

ニコ・ヒュルケンベルグ肉体的要求が本当に厳しい

ここのサーキットは本当に難しいし肉体的要求がすごいんだ。シーズンの中で最もハードなレースになるのは間違いないよ。長いコーナーがたくさんあって、その中のいくつかはタイトでシャープなんだし、高い気温と湿度は、市街地コースであるって事と相まって、レースを本当に難しいものにするんだ。肉体面を最高の状態に仕上げておかないといけないんだよ。セーフティーカーの出動によって、戦略が難しくなるのも特徴だね。

ナイトレースには慣れてるし、そんなに悪いものじゃないよ。ナイトレースは長い間カレンダーにあるから、至って当たり前みたいに思えるよ。シンガポールGPはすごく特別なグランプリだし、唯一本物のナイトレースだよね。昼時まで寝てるから、ここではお日様を見る機会がないんだよ!仕事が終わった後も、僕らドライバーにはあまり自由に使える時間も残されてないし。会場は素晴らしいよ。街の真ん中にあるから、一体どうやって建てたんだろって思う位さ。


2017年第14戦シンガポールグランプリは、日本時間9月15日(金)19時から始まるフリー走行で幕を開ける。舞台となるのはマリーナベイ・ストリート・サーキット、湾岸地区に仮設される市街地コースとなる。

F1シンガポールGP特集