笑顔を見せながらトロロッソ・ホンダのガレージ内で準備をすすめるピエール・ガスリー、2019年F1シンガポールGPにてcopyright Getty Images / Red Bull Content Pool

トロロッソ・ホンダ、8位ガスリーを称賛「ベストパフォーマンスだ!」F1シンガポールGP《決勝》

  • 最終更新:

F1第15戦シンガポールGP決勝レースに挑んだトロロッソ・ホンダは、ピエール・ガスリーが8位入賞を果たし4ポイントを獲得。コンストラクターズで背後から迫るレーシングポイントとの差を広げ、前を行く5位ルノーとの差を12ポイントにまで縮めてみせた。

Pos Driver Laps Time PTS
8 ピエール・ガスリー 61 +15.547s 4
15 ダニール・クビアト 61 +38.178s 0

「終始非常に興味深いレースだった」 スクーデリア・トロロッソのフランツ・トスト代表がレース内容を振り返った。「数多くのオーバーテイクがあり、それに加えて3回のセーフティカーがあった。これがレースをより盛り上げてくれたように思う」

「予選が芳しくなかったものの、ライバルのペナルティによってピエールが11番手、ダニールが14番手からレースをスタートした。我々は2台で戦略を分け、ダニールにはスタートタイヤとしてプライム(ミディアム)を、ピエールにはベースタイヤ(ハード)を履かせた」

ガスリーは1ポジションアップ、クビアトは2ポジションアップを果たし、堅実なスタートを切ったものの、クビアトは10周目を過ぎたところでダニエル・リカルド(Renault)とレーシングポイントの2台に立て続けにオーバーテイクを許し一気に後退。12ラップ目に早々にピットへと入った。

「ダニールからプライムのグリップがかなり低いとの訴えがあったため、当初予定していたよりも早めにピットインさせた。更に、最初のセーフティカーのタイミングで再びピットインさせて、オプション(ソフト)に履き替えさせた」

「グリップが改善した事で、ダニールはその後何度か素晴らしいオーバーテイクを見せてくれたが、残念な事にレース終盤のキミ・ライコネンとの接触によって幾つかポジションを落とし、最終的に15位でフィニッシュする事となった」

50周目のアルファロメオとのインシデントは、レース後の審議となったものの、スチュワードはお咎めなしの裁定を下した。

レースを終えてトロロッソ・ホンダSTR14にから降りるピエール・ガスリー、2019年F1シンガポールGPにて

「ピエールの方はファンタスティックだった。彼はクルマにも戦略にも満足し、すべてをコントロールしていた。更なるポジションアップを目指し、ランド・ノリスとのギャップを縮めたが、オーバーテイクには至らなかった。とは言え、8位は素晴らしい結果であり、トロロッソでの彼のベストパフォーマンスの一つだ」

「次のレースはソチだ。今回のシンガポールと同じように、壮大で素晴らしいレースになることを期待している」

F1シンガポールGP特集