表彰台に上がったフェラーリのシャルル・ルクレールとカルロス・サインツ、レッドブルのマックス・フェルスタッペンとエンジニアリング部門のトップを務めるポール・モナハン、2022年3月27日F1サウジアラビアGP
Courtesy Of Red Bull Content Pool

激戦再び…フェルスタッペン、0.5秒差でルクレールを撃破「良いレースだった!」F1サウジアラビアGP《決勝》結果とダイジェスト

  • Published:

2022シーズンFIA-F1世界選手権 第2戦サウジアラビアGP決勝レースが3月27日に行われ、マックス・フェルスタッペン(レッドブル)がシャルル・ルクレール(フェラーリ)を0.549秒で振り切り今季優勝を飾った。

予選4番グリッドのフェルスタッペンは1周目にカルロス・サインツ(フェラーリ)を追い抜き3番手に浮上すると、ポールシッターの僚友セルジオ・ペレスが不運なタイミングでのセーフティーカー(SC)導入により後退した事で2番手に浮上した。

その後は前戦バーレーンGPを彷彿とさせる抜きつ抜かれつのバトルをルクレールと展開。僅差でこれを抑えてトップチェッカーを受け、燃料システムのトラブルによりリタイヤを余儀なくされた開幕戦の雪辱を果たした。

優勝インタビューに応じたフェルスタッペンは「激しいバトルが続く良いレースだった。タイヤの摩耗が激しかったから、長い目でレースを進める必要があった。楽じゃなかったけど、最終的に前に出れることができた。ようやくシーズンが始まって本当に嬉しい」と語った。

優勝して表彰台の上で拳を挙げるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レースCourtesy Of Red Bull Content Pool

優勝して表彰台の上で拳を挙げるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レース

3位表彰台にはサインツが上がり、フェラーリが開幕2連戦でダブルポディウムを達成。マラネロの復活を強く印象づけた。ペレスは4位に留まり、初のポール・トゥ・ウインは次戦以降にお預けとなった。

アルファタウリは今後に向けて大きな課題を抱える事となった。ピエール・ガスリーは無事に8位完走を果たしたものの、角田裕毅はレコノサンスラップでトラブルに見舞われ、ブラックアウトを前にレース終了となった。チーム代表のフランツ・トストによるとFP2と同じ様に駆動系が疑われるという。早期の信頼性改善が求められる。

ミッドフィールド最上位となる5位はメルセデスのジョージ・ラッセル。今回も表彰台争いの蚊帳の外に置かれたが、15番グリッドから10位まで挽回したルイス・ハミルトンと共にダブルポイントをチームに持ち帰った。

6位はアルピーヌのエステバン・オコン。7位にはマクラーレンのランド・ノリス、9位にはハースのケビン・マグヌッセンが続く結果となった。

第2戦の舞台は紅海沿いのコーニッシュエリアに建設されたジェッダ市街地コース。カレンダー最多の27コーナーを持ち、全長はスパ・フランコルシャンに次いで長い。

史上最速のストリートサーキットと銘打たれたジェッダでの50周に渡るレースでは、クラッシュとメカニカルトラブルの影響でセーフティーカーとバーチャル・セーフティーカー(VSC)が導入され、バルテリ・ボッタス、フェルナンド・アロンソ、ダニエル・リカルド、ニコラス・ラティフィの4台がリタイヤを強いられた。

イベント初日には近郊の石油関連施設がミサイル攻撃を受け炎上爆発する事件が起きたものの、F1と国際自動車連盟(FIA)、チーム、ドライバーはイベントを続行する決定に合意。無事にチェッカーフラッグが振られた。

公式タイヤサプライヤーのピレリは中間レンジのC2からC4までのコンパウンドを投入。レースでは最低2種類のコンパウンドを使用する義務があり、ミディアム、ハードと繋ぐ1ストッパーが主流となった。

レース概要

決勝は日本時間27日(日)26時にブラックアウトを迎え、1周6175mのコースを50周する事で争われた。現地ジェッダは晴れ、チャンピオンシップポイントを争う決勝のフォーメーションラップは気温25.3℃、路面28.5℃、湿度58%、気圧1012.7hPaのドライコンディションで開始された。

スタートタイヤ選択に関しては、マグヌッセン、ハミルトン、ニコ・ヒュルケンベルグの3台がハードを、その他はミディアムを選択した。

注目のオープニングラップでは、フェルスタッペンがサインツをターン2で交わして3番手に浮上。ポールシッターのペレスは堅実なスタートを切ってラップをリードした。

ローンチに問題を抱えるアルファロメオC42を駆る12番グリッドの周冠宇はオープニングラップを終えて17番手にまで大きく後退。更に、コース外走行で5秒ペナルティを科されたものの、ピットストップの際に適切に消化されていなかったとして追加でドライブスルー・ペナルティーが言い渡された。それでも最後まで集中力を切らさず、ポイントまであと一歩の11位でフィニッシュした。

スタート直後のターン1でのバトル、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レースCourtesy Of Red Bull Content Pool

スタート直後のターン1でのバトル、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レース

アルピーヌは序盤からチームメイト同士で激しいポジション争いを繰り広げた。抜きつ抜かれつの攻防が展開された事で、5番手を走行していたラッセルは徐々にギャップを築いていき、後方を走っていたボッタスは漁夫の利を得て13周目にオコンをパス。間に割って入った。

ピット戦略で先陣を切ったのはマクラーレン。11周目にリカルドにハードタイヤを履かせた。すると15周目にはフェラーリがペレスへのアンダーカット狙いでルクレールにピットインを指示。これに反応したレッドブルが先にペレスをピットに入れたため、ルクレールはステイアウトした。これがペレスの不運に繋がる。

翌16周目にラティフィが前日の予選に引き続きクラッシュ。最終コーナーにクルマを停めたためVSCが導入された。トップ3を走行していたルクレール、フェルスタッペン、サインツがピットイン。ペルスは4番手に後退し、同じ様に直前にピットインしていたガスリーもポジションを落とした。レースコントロールはその後、SCに切り替えた。

SCラップ中にピットに入ったカルロス・サインツ(フェラーリ)は、コースへと戻ったところでペレスとサイド・バイ・サイドになった。ペレスは一旦、前に出たものの、コース上での追い抜きと見なされペナルティが科されるリスクがあったため、レッドブルはサインツにポジションを返上するよう指示を出した。

レースは21周目にリスタートを迎えた。トップを争うルクレールとフェルスタッペンは互いにファテストラップを連発。3番手サインツを徐々に引き離していった。

アロンソは7番手を走行していた36周目のホームストレートで失速。パワーを失ったとの報告に続き、スロー走行でピットへと向かった。

その直後の37周目には10番手を走行していたリカルドがピットレーン入口付近でストップ。黄旗が振られると今度はボッタスがピットに戻りクルマをガレージに収めた。混沌とした中盤だった。

このタイミングでハードスタート組のマグヌッセンがピットイン。ミディアムに交換してピットアウトすると、その直後にヒュルケンベルグがピットに入りミディアムに。コースへと戻ろうとしたその瞬間、今度はピットレーンが閉鎖された。アロンソがピットまで戻れずピットレーン入口で力尽きたためだった。

レースは41周目に再開された。ピット閉鎖に伴い、ハードスタート勢の中で唯一、ハミルトンだけはグリーンフラッグ下でピットストップを行う事となった。

再開のタイミングを狙って仕掛けたフェルスタッペンは、42周目の最終コーナーを前にルクレールを交わしたものの、これに続くホームストレートでDRSを得たルクレールに抜き返され、再び2番手に後退した。

フェラーリのシャルル・ルクレールにオーバーテイクを仕掛けるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レースCourtesy Of Red Bull Content Pool

フェラーリのシャルル・ルクレールにオーバーテイクを仕掛けるレッドブルのマックス・フェルスタッペン、2022年3月27日F1サウジアラビアGP決勝レース

翌周も同じ展開になる事を防ぐべく、フェルスタッペンはルクレールに追いつきながらも敢えて最終コーナーを前に減速。ただルクレールもフェルスタッペンの狙いは分かっており、同じ様にアクセルを緩めてホームストレートでの追い抜きを阻止した。

勝利の方程式は、最終コーナーで接近し、DRSを使ってホームストレートで抜き去る戦術に絞られた。フェルスタッペンは46周目にこれを成功させてターン1で追い抜くと、同じ展開での逆襲を避けるべくファステストを記録してルクレールを引き離しにかかった。

だがルクレールも必死にこれに食らいつき、両者一歩も譲らぬ展開に。だが残り2周というタイミングでランス・ストロールとアレックス・アルボンがターン1で接触。これにより黄旗が振られ、セクター1での追い抜きのチャンスが失われた。

最終的にフェルスタッペンはコンマ5秒という僅かの差で逃げ切り、今季初のトップチェッカーを受けた。

2022年F1第2戦サウジアラビアGP決勝リザルト

Pos No Driver Team Laps Time PTS
1 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・RBPT 50 1:24:19.293 25
2 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 50 +0.549s 19
3 55 カルロス・サインツ フェラーリ 50 +8.097s 15
4 11 セルジオ・ペレス レッドブル・RBPT 50 +10.800s 12
5 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 50 +32.732s 10
6 31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 50 +56.017s 8
7 4 ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 50 +56.124s 6
8 10 ピエール・ガスリー アルファタウリ・RBPT 50 +62.946s 4
9 20 ケビン・マグヌッセン ハース・フェラーリ 50 +64.308s 2
10 44 ルイス・ハミルトン メルセデス 50 +73.948s 1
11 24 周冠宇 アルファロメオ・フェラーリ 50 +82.215s 0
12 27 ニコ・ヒュルケンベルグ アストンマーチン・メルセデス 50 +91.742s 0
13 18 ランス・ストロール アストンマーチン・メルセデス 49 +1 lap 0
14 23 アレックス・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 47 DNF 0
NC 77 バルテリ・ボッタス アルファロメオ・フェラーリ 36 DNF 0
NC 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 35 DNF 0
NC 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 35 DNF 0
NC 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 14 DNF 0
NC 22 角田裕毅 アルファタウリ・RBPT 0 DNS 0

コンディション

天気晴れ
気温25.3℃
路面温度28.5℃
周回数50

セッション概要

グランプリ名 F1サウジアラビアGP
レース種別 決勝
レース開始日時

サーキット

名称 ジェッダ市街地コース
設立 2021年
全長 6174m
コーナー数 27
周回方向 反時計回り

F1サウジアラビアGP特集