佐藤琢磨とグラハム・レイホールcopyright RLLracing

佐藤琢磨 2018年のレーシングスーツを公開!長身のチームメイトとの身長差に思わず…

  • 最終更新:

昨年のインディ500ウィナーの佐藤琢磨が、チームメイトのグラハム・レイホールと共にインディカー・メディア・デイでのスタジオ写真撮影を終えた。アンドレッティ・オートスポーツでアジア人初の栄冠を手にした琢磨は今年、古巣レイホール・レターマン・ラニガン・レーシングに復帰し、2018年インディカー・シリーズ王者を目指す。

レイホールの公式SNSは、フォトセッションの様子を写真で公開。落ち着いた青をベースに、胸元水平に走る白地に「Panasonic」とプリントされた2018年仕様のレーシングスーツを着用した琢磨は、レイホールとの身長差を誤魔化すべく頭を捻った。「新しいチームメイト、グラハムと😁 遠近法使ったけどまだ届かない笑 デカイ!😆」と琢磨。

グリッドで最も小さなドライバーの一人である琢磨の身長は164cm、対してレイホールは188cm。二人の身長差は22cmもある。横に並ぶとその差は歴然だ。

2018年シーズンの米インディカー・シリーズは、2月9日から10日にかけて行われるフェニックス・レースウェイでの2日間のオープンテストの後、3月11日(日)のセント・ピーターズバーグで開幕する。